トルコ外相、ティラーソン国務大臣に警告「米土関係の危機」
2018年01月17日付 Hurriyet紙


メヴリュト・チャヴシュオール外相は、アメリカのレックス・ティラーソン国務長官と会談した。会談は、カナダで行われた。会談の後の記者会見でチャヴシュオール外相は、「クルド人民防衛隊(YPG)/クルディスタン労働者党(PKK)に対する措置はアフリーンのみではない、マンビジュとユーフラテス側東部もある」と述べた。 さらに、アメリカのシリア国境治安部隊計画を論評したチャヴシュオール外相は、「このような状態ではトルコ-アメリカ関係が元に戻らない可能性がある」と述べた。

バンクーバーの北朝鮮サミットに参加したメヴリュト・チャヴシュオール外相は、アメリカのレックス・ティラーソン国務長官との会談を実現させた。

会談の内容に関してはまだ発表がされていないが、アメリカがYPGとシリア国境で配備を計画している国境治安部隊が、二か国間の会談で話される基礎事項であると予想されていた。

チャヴシュオール外相は、昨日行った会見で、ティラーソン国務長官とこの件に関して話すこと、アメリカはもうそろそろ決定を下す必要があると述べた。 チャヴシュオール外相は、アメリカのシリア政策を批判しながら、「同盟国を選ぶのか、それともテロ組織か?具体的な決定をし、立場を鮮明にしなければならない」と述べた。

レジェプ・タイイプ・エルドアン大統領も、アフリーンに対する軍事作戦に関するシグナルを出した話の中でアメリカを批判しながら、「敵と我々のことに関わるな」とのメッセージを出していた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:内山千尋)
(記事ID:44173)