米、シリア国境治安部隊撤回?ティラーソン国務長官、表明
2018年01月18日付 Hurriyet紙

アメリカ合衆国国防総省(ペンタゴン)は報道発表により、その母体をPKK付属のPYD/YPGが構成するシリア民主主義軍(SDG)軍の中から、新たな「軍隊」またはいわゆる「国境治安」部隊を形成する予定はないと明らかにした。アメリカのティラーソン国務長官は、「アメリカはトルコには報道上の借りがある。シリアで国境治安部隊を結成する意図は我々にはない」と述べた。

アメリカ主導の連合軍は、シリア北部で最大勢力をなす、テロ組織クルディスタン労働者党(PKK)の付属組織クルド民主統一党(PYD)の武装部門であるクルド人民防衛隊(YPG)が構成するシリア民主主義軍(SDG)の中から、「国境治安部隊」を設立する準備が始められたと発表していた。この新たな武装部隊は「国境治安部隊(BSF)」と名付けられた。この発表の直後、トルコからは多くの厳しい批判が寄せられた。

こうした諸々の経緯をへてアメリカは後退し、「国境治安」部隊は結成されない予定であると発表された。

■アメリカは撤回

ペンタゴンはメディア向けの発表を行い、その母体をPKK付属のPYD/YPGが構成するSDG軍の中から、新たな「軍隊」またはいわゆる「国境治安」部隊を形成する予定はないと明かした。ペンタゴンは発表で、アメリカがシリアで地元勢力に教育を施すことを継続しており、この教育の目的が国内避難民の安全を高めることと述べた。トルコの懸念が法に適っているとした発表では、「シリアでイスラム国を打ち負かし追放する点での我々の取り組みでは、トルコに対して透明性を担保し続けるつもりだ」と述べられた。

1時30分頃の、ペンタゴンのスポークスマン、エリック・パホン氏からのEメールを通じた発表の全文は以下。

-アメリカはシリアで地元の治安部隊を教育する事を続けている。これは国内避難民の帰路の安全を確保するため計画された。同時にイスラム国から解放され、現在我々が管理している地域で再び問題が現れないことが重要である。これは新たな「軍隊」でも、伝統的な「国境治安部隊」でもない。

-この教育と軍隊は、軍事作戦によるイスラム国の一掃、安定性の取り組みの促進、国連主導のジュネーブ・プロセスの支援という目的にも適っている。

-シリアでの反イスラム国軍事行動は終結しておらず、中央ユーフラテス渓谷では深刻な衝突が未だに続いている。

-この治安部隊は、イスラム国戦闘員がシリアから逃走し、解放地域の安全を脅かすことを防ぐため、シリア国内向けである。この軍隊は、地元住民を守るものであり、イスラム国がアメリカとその同盟国に対して、シリア内戦についてジュネーブで長期的解決を見つけようとするのを妨害しようと新たな攻撃を行うことを防ぐものとなろう。

-連合軍のシリアでの軍事攻撃により、イスラム国は今日までで失った領土の一切を取り戻すことができなかった。これが継続する事を目的としている。

-我々連合軍とNATO同盟は、トルコの安全上の懸念に十分に気付いている。トルコの安全に関する杞憂は法に適っている。シリアでのイスラム国一掃を図った我々の取り組みでは、トルコとは完全に透明性を保ち、我がNATO同盟国のテロとの闘いでは支持を続けていくつもりである。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:山村 弥)
(記事ID:44183)