メッカ巡礼申込み当選者、発表
2018年02月01日付 Milliyet紙

メッカ巡礼申込みの抽選結果が発表された。宗務庁は、申し込んだ人々が待ち望んでいたメッカ巡礼申込みの抽選結果を発表した。申し込んだ人々は、トルコ共和国国民ナンバーと抽選結果を照合することで結果を知ることができる。さて、結果問い合わせ画面は…

宗務庁は、2018年のメッカ巡礼申込みの抽選結果を発表した。申し込んだ人々が待ち望んでいた抽選結果は、トルコ共和国国民ナンバーと宗務庁ホームページのメッカ巡礼申込み抽選結果問い合わせページとを照合することで知ることができる。さて、抽選結果に関するすべての詳細は…

本日11時に始まった2018年のメッカ巡礼申込みの抽選結果は、20時22分以降にメッカ巡礼申込み抽選結果問い合わせページにて発表された。

■本登録はいつ行われる?(2018年)

メッカ巡礼の本登録は2月5日~16日の期間で、県ごとにもしくは個々の宿泊施設ごとになされる予定だ。

発表されている登録期間の間に本登録を済ませなかった人々の代わりに、メッカでの宿泊施設のタイプに応じて抽選申し込みの順番を確認したうえで、2月22日~3月2日の期間に振り分けられた定員分の登録を受け付ける。

最初のメッカ巡礼は7月17日に、最終は8月15日に出発し、聖地から戻るのは8月25日~9月20日の間になる予定だ。

■出発と到着の日付

メッカでの礼拝のための聖地巡礼は、2018年7月17日に第1隊が出発し、同年8月15日には全員の出発が完了する予定だ。第1隊の帰国は2018年8月25日に、最終の帰国は2018年9月20日に完了する予定だ。

■抽選結果の問い合わせはどこから?

宗務庁ホームページの"http://hac.diyanet.gov.tr" のアドレスから、抽選結果へアクセスができる。宗務庁によると、巡礼ツアーを企画するための権限を保有する代理人の情報はhttp://hac.diyanet.gov.tr のアドレスに掲載されている。

また、2007年~2018年の間に巡礼への登録を行いながらもメッカ巡礼ができなかった殉職者やガーズィの称号を保持していることを証明する書類を提示している殉職者については、その両親、配偶者、未婚の子、ガーズィとその配偶者から申請されている人が、抽選なしで宗務庁の組織に同行してメッカへの巡礼が可能になる予定だ。

■宗務庁がセミナーを実施予定

宗務庁は、メッカ巡礼に申し込んだ人々が出発前に心の、そして魂の準備ができるように、教育セミナーを実施する予定だ。

宗務庁会議室で行われた抽選は、コーランの読誦とともに開始された。

アリ・エルバシュ宗務長官は式典での演説にて、抽選が行われる部屋は毎年大きな熱狂と比類のない興奮、そして微笑ましい悲しみに包まれるとしたうえで、この感情が全国の県や郡に波のように広がっているのだと述べた。

エルバシュ氏はメッカでの礼拝について、異なる人種、肌の色、地理的条件、文化を持ち、しかし同一の信仰、愛、そして興奮に満ちたムスリムが、年に一度カアバ神殿の周りに集まる素晴らしい礼拝だと述べたうえで、以下のように続けた。

「宗務庁は、巡礼者を礼拝の場所まで平穏無事に送り届けること、彼らが直面するトラブルを軽減すること、そしてメッカ巡礼が精神の歓びを引き起こすことに向けて大きな努力を払っている。宗務庁としては、巡礼組織にとても大きな重要性を見出している。政府と協力してより、多くの巡礼者をメッカへ送り届けるために最大限努力している。聖地巡礼に申し込んだすべての人に、この可能性は提供されている」

エルバシュ氏は、今年の巡礼団が80000人規模になることを明らかにし、「現時点でわれらの国では、2,120,967人が聖地巡礼に申し込んでいる。もしもサウジアラビアがトルコからの巡礼者のみを受け入れれば、わが国の申し込み者数はさらに増えるだろう」と述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:神谷亮平 )
(記事ID:44293)