シリア:シリア軍はハマー県北東部のダーイシュ支配地域を完全制圧する一方、YPGは英国訛りのダーイシュ戦闘員の生き残り2人を拘束
2018年02月10日付 その他紙


■ジュネーブ会議に参加する反体制派の一つ「アスタナ・プラットフォーム」の広報局長がイスラエルを訪問(2018年2月7日)
フェイスブックのアカウント「イスラエルはアラビア語で話す」は、ジュネーブ会議に参加する反体制派の一つ「アスタナ・プラットフォーム」(ランダ・ …
http://syriaarabspring.info/?p=46237

■アル=カーイダ系のシャーム解放委員会と共闘する「穏健な反体制派」のナスル軍が分裂(2018年2月8日)
ハマー県北東部、イドリブ県南東部でシャーム解放委員会と共闘してきた「穏健な反体制派」の一つナスル軍に所属する救済戦線と第111連隊は共同声明を出し、ナスル軍を解体し、所属組織を復活させると発表した。 また、ナスル軍の司令 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46246

■国連安保理は、アル=カーイダ系組織などが活動を続けるダマスカス郊外県東グータ地方への人道支援物資搬入のための人道停戦決議案を採択できず(2018年2月8日)
国連安保理決議では、ダマスカス郊外県東グータ地方での戦闘激化への対応を協議するための非公開会合が開かれ、フランスと米国が、人道支援物資搬入のための緊急人道休戦の発効を定めて安保理決議案を提出した。 だが、会合は採決されな ...
http://syriaarabspring.info/?p=46248

■米主導の有志連合は2月2日~2月8日までの7日間でシリア領内で 回の空爆を実施(2018年2月9日)
米中央軍(CENTCOM)は、2月2日~2月8日の7日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 2月2日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し6回の空爆を実施、このうちシリア領内で ...
http://syriaarabspring.info/?p=46250

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は5件の違反を確認(2018年2月9日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(2月9日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件(アレッポ県3件、ラタキア県3件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも5件(イドリブ県2件、ダマスカス県・ダ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46252

■シリア軍はハマー県北東部、アレッポ県南西部、イドリブ県南東部に広がるダーイシュの孤立支配地域を完全制圧(2018年2月9日)
シリア軍武装部隊総司令部は声明を出し、シリア軍が予備部隊および同盟部隊とともに、ハマー県北東部、アレッポ県南西部、イドリブ県南東部に広がるダーイシュ(イスラーム国)の孤立支配地域に対する掃討作戦を継続し、戦闘員(ほとんど ...
http://syriaarabspring.info/?p=46254

■アル=カーイダ系のシャーム解放委員会などが活動を続けるイドリブ県、ダマスカス郊外県東グータ地方に対するシリア軍の爆撃続く(2018年2月9日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がハーッス村、カフルサジュナ村、ダイル・シャルキー村、ジスル・シュグール市を爆撃し、10人が死亡した。 またシリア軍戦闘機が、ジャルジャナーズ町、ハラーキー ...
http://syriaarabspring.info/?p=46256

■トルコ軍がアレッポ県アフリーン市一帯を爆撃し、民間人ら8人が死亡、反体制武装集団がロジャヴァの支配下にあった複数カ村を新たに制圧(2018年2月9日)
アレッポ県では、ANHA(2月9日付)によると、トルコ軍がシーヤ村近郊のシャカーター村を爆撃し、民家が倒壊、1人が死亡した。 倒壊した民家には、3~4人が瓦礫の下敷きになったままだという。 トルコ軍はまた、ブルブル町近郊 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46258

■アル=カーイダ系のシャーム解放委員会司令官がダルアー県でのダーイシュ系組織と反体制武装集団の戦闘の戦況を発表(2018年2月9日)
アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会のアブー・アッバース・アスカリー司令官は、同委員会に近いイバー通信(2月9日付)に対して、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍掃討に向けて、ハウラーン自 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46260

■フランスのパルリ軍事大臣はイドリブ県やダマスカス郊外県東グータ地方への「人道回廊」設置を呼びかける(2018年2月9日)
フランスのフロランス・パルリ軍事大臣は、アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団が活動を続けるイドリブ県やダマスカス郊外県東グータ地方に対するロシア・シリア軍の爆撃に伴う人道状況悪化に懸念を表明 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46263

■西側諸国の人質への拷問・処刑に関与していた英国訛りのダーイシュ・メンバー、通称「ビートルズ」の生き残り2人をYPGが拘束(2018年2月9日)
『ニューヨーク・タイムズ』(2月9日付)は、米高官の話として、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が1月、ダーイシュ(イスラーム国)に参加し、西側諸国の人質への拷問・処刑に関与していたとされる英国人 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46265

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:44348)