シリア:領空侵犯したイスラエル軍戦闘機をシリア軍が撃墜、イスラエルはイランの無人戦闘機が飛来したことへの報復と主張
2018年02月11日付 その他紙


■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは10件の停戦違反を、トルコ側は8件の違反を確認(2018年2月10日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(2月10日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を10件(アレッポ県3件、ラタキア県5件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件、ヒムス県1件)確認したと発表した。 またトルコ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46268

■シリア軍は領空侵犯したイスラエル軍戦闘機少なくとも1機を撃墜(2018年2月10日)
SANA(2月10日付)は、シリア軍消息筋の話として、シリア領空を侵犯し、シリア軍の拠点に対して爆撃を行ったイスラエル軍戦闘機をシリア軍が迎撃し、少なくとも1機を撃墜したと伝えた。 SANAによると、イスラエル軍戦闘機 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46270

■シリア軍によるイスラエル軍戦闘機撃墜の数時間後、イスラエル軍はタイフール航空基地内のイランの拠点などに12回の爆撃を実施(2018年2月10日)
イスラエル軍のアヴィハイ・アドライ(Avichay Adraee)報道官は、シリア軍によるイスラエル軍戦闘機撃墜に関して、「戦闘機複数機が、シリア領内におけるイランの複数の標的とともに、シリアの防空システムに対して大規模 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46282

■ロシア、イラン、レバノンのヒズブッラー、パレスチナのハマースはシリア軍によるイスラエル軍戦闘機撃墜を支持(2018年2月10日)
ロシア外務省は声明を出し、シリア軍部隊によるシリア領空でのイスラエル軍戦闘機の撃墜に関して、「重大な懸念」を表明、シリア軍が緊張緩和地帯設置にかかる合意を遵守しているなかで、シリア領内の緊張緩和地帯内、あるいはその一帯で ...
http://syriaarabspring.info/?p=46284

■ヒズブッラーとイラン・イスラーム革命防衛隊は、タイフール航空基地の無人航空機がイスラエルに向かったことを否定(2018年2月10日)
ヒズブッラーとイラン・イスラーム革命防衛隊の代表者からなる「シリア同盟者作戦司令室」は声明を出し、イスラエル軍の爆撃を受けたとされるヒムス県のタイフール航空基地(T4基地)に関して、同基地に配備されている無人航空機が、ダ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46286

■反体制武装集団は首都ダマスカスの変電所を砲撃(2018年2月10日)
ダマスカス県では、SANA(2月10日付)によると、ダマスカス郊外県東グータ地方で活動を続ける反体制武装集団がウマウィーイーン広場一帯を砲撃し、変電所が被弾、火災が発生した。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46288

■トルコ軍がアフリーン市郊外の貯水場を爆撃する一方、YPG主体のシリア民主軍はトルコ軍ヘリを撃墜(2018年2月10日)
アレッポ県では、ANHA(2月10日付)によると、トルコ軍がシャッラー村近郊のマティーナー村の貯水場を砲撃した。 同貯水場への砲撃はこれが2回目(1回目は2月7日)だという。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46290

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:44357)