シリア:イドリブ県南部のダーイシュ残党がアル=カーイダ系のシャーム解放委員会と「侵略者撃退」作戦司令室に投降し、シリア北部のダーイシュ支配地域は消滅
2018年02月14日付 その他紙


■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2018年2月13日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(2月13日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を7件(アレッポ県3件、ラタキア県4件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも3件(イドリブ県1件、ダマスカス県・ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46371

■シリア駐留ロシア軍司令部「ホワイト・ヘルメットがイドリブ県サラーキブ市でヌスラ戦線による化学物質使用の準備を支援している」(2018年2月13日)
ラタキア県フマイミーム軍事飛行場のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センターは声明を出し、イドリブ県サラーキブ市の住民から通報があり、ホワイト・ヘルメットが「化学物質を使用し、その様子を外国のテレビ・チャ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46374

■有志連合を主導する米軍は無人航空機でロシア製のT-72戦車を破壊(2018年2月13日)
米主導の有志連合のライアン・ディロン報道官(大佐)は、有志連合が2月10日、ダイル・ザウル県のユーフラテス川左岸に位置するタービヤ村近郊で爆撃を実施し、ロシア製のT-72戦車1輌を破壊したと発表した。 ディロン報道官によ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46385

■トランプ米政権は2019会計年度予算で、YPG主体のシリア民主軍の教練と「国境警備隊」創設のため5億5,000万米ドルを計上、トルコはテロ支援を非難(2018年2月13日)
アナトリア通信(2月13日付)は、ドナルド・トランプ米政権が議会に提出した2019会計年度(2018年10月~2019年9月)の予算教書で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍を教練し、同組織を軸に ...
http://syriaarabspring.info/?p=46387

■米国防総省「ロシア軍、トルコ軍、イスラエル軍の戦闘機は撃墜されたが、米軍の危険レベルはあげない」(2018年2月13日)
米国防総省は声明を出し、この2週間で、ロシア軍戦闘爆撃機、トルコ軍ヘリコプター、そしてイスラエル軍戦闘機が相次いで撃墜されたことに関して、「シリア国内で活動する米軍の危険レベルをあげることはない」と発表した。 国防総省は ...
http://syriaarabspring.info/?p=46389

■シリアのスーサーン外務在外居住者大臣補「イスラエルは再び侵犯すれば、より大きなサプライズに直面するだろう」(2018年2月13日)
シリアのアイマン・スーサーン外務在外居住者大臣補は、「敵(イスラエル)は、今度はより大きなサプライズに直面するということをしっかりと認識すべきだ。なぜなら、シリアが行うであろう消耗戦に対して、イスラエルは抗うことなどでき ...
http://syriaarabspring.info/?p=46391

■ロシアのラヴロフ外務大臣「米国はシリア東部に准国家を創ろうとしている」(2018年2月13日)
ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、ベルギー外務大臣との会談後の共同記者会見で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍への米国の支援継続に関して、米国はユーフラテス川東岸(左岸)に「准国家」を創ろう ...
http://syriaarabspring.info/?p=46393

■米主導の有志連合による12日の爆撃で、ロシア人死亡の発表が相次ぐが、ロシア大統領府はこれを否定(2018年2月13日)
ロシアのカリーニングラードに拠点を持つバルト・コーカサス連合は12日、声明を出し、2月7日日の米主導の有志連合によるダイル・ザ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46395

■ダマスカス郊外県東グータ地方でシリア軍と「彼らが不正を働いた」作戦司令室が交戦を続ける(2018年2月13日)
ダマスカス郊外県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月13日付)によると、シャーム自由人イスラーム運動、ラフマーン軍団、シャーム解放委員会などからなる「彼らが不正を働いた」作戦司令室が、ハラスター市近郊の国際幹線道路(ダマス ...
http://syriaarabspring.info/?p=46397

■トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団はYPG主体のシリア民主軍との戦闘の末、ジャンディールス市近郊の要衝を制圧(2018年2月13日)
アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月13日付)によると、トルコ軍の支援を受ける「オリーブの枝」作戦司令室は、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍との戦闘の末、ブルブル町近郊のウマル・スィーム ...
http://syriaarabspring.info/?p=46399

■イドリブ県南部のダーイシュ残党がアル=カーイダ系のシャーム解放委員会と「侵略者撃退」作戦司令室に投降し、シリア北部のダーイシュ支配地域は消滅(2018年2月13日)
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月13日付)によると、シリア軍との戦闘で敗走し、同県のフワイン村に逃れていたダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員全員とその家族合わせて約400人が、アル=カーイダ系組織のシャーム解 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46401

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:44367)