シリア:トルコ軍がイドリブ県マアッラト・ヌウマーン市一帯での新監視所設置に向けてシリア領内に進入、ロシアはアレッポ県西部のトルコ軍監視所一帯での停戦監視のために憲兵隊を派遣
2018年02月15日付 その他紙


■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは9件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2018年2月14日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(2月14日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を9件(アレッポ県3件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件、ラタキア県3件、ヒムス県2件)確認したと発表した。 またトルコ側 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46406

■シリア赤新月社と国連の合同支援チームが東グータ地方に人道支援物資を搬入(2018年2月14日)
ダマスカス郊外県では、SANA(2月14日付)によると、シリア赤新月社と国連の合同支援チームが、東グータ地方のナシャービーヤ町および同地一帯の住民1,440人に対して食料・医療物資を届けた。
http://syriaarabspring.info/?p=46408

■トルコ軍と反体制武装集団はYPG主体のシリア民主軍との戦闘の末、ラージュー町近郊のクーダト・カウィー村を制圧(2018年2月14日)
アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月14日付)によると、トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団(「オリーブの枝」作戦司令室)が、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍との戦闘の末、ラージュー町近郊 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46418

■反体制武装集団は首都ダマスカスを砲撃し、子供1人が負傷(2018年2月14日)
ダマスカス県では、SANA(2月14日付)によると、ダマスカス郊外県東グータ地方で活動を続ける反体制武装集団が、アッシュ・ウルード地区、アッバースィーイーン地区を砲撃し、子供1人が負傷した。
http://syriaarabspring.info/?p=46420

■ミクダード外務在外居住者副大臣「米国はシリア軍の戦果を快く思っていないので、シリア軍が化学兵器を使ったという嘘の情報を流している」(2018年2月14日)
ファイサル・ミクダード外務在外居住者副大臣は、省内で記者会見を開き、「米国はシリア軍が実現した戦果を快く思っていない。だから、シリア軍が東グータ地方やイドリブなどで化学兵器を使用しているとの嘘の情報を流している」と述べた ...
http://syriaarabspring.info/?p=46422

■ジャアファリー国連シリア代表は米国、トルコによるシリア領の占領を安保理に提訴しないデミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表を非難(2018年2月14日)
国連安保理でシリア情勢に関する会合が開かれ、スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表が状況報告を行った。 デミストゥラ氏は会合で、シリア軍と反体制派の戦闘に関して「私が特別代表に就任して以降もっとも激しく、危 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46424

■イスラエル軍偵察機がシリアの領空を侵犯、シリア軍防空部隊が迎撃しこれを撃退(2018年2月14日)
SANA(2月14日付)は、シリア軍の防空部隊が、シリア南部のクナイトラ県領空を侵犯したイスラエル軍偵察機複数機を迎撃、これらを撃退したと伝えた。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46426

■シャーム解放委員会はイドリブ県でダーイシュの細胞摘発の本格化させる一方、ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプでダーイシュと交戦(2018年2月14日)
イドリブ県では、イバー通信(2月14日付)によると、県南部におけるダーイシュ(イスラーム国)の根絶を宣言したアル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会が、同地でダーイシュの細胞の摘発を本格化させた。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46428

■ブルームバーグが7日の米主導の有志連合の爆撃でロシア人傭兵200人近くが死亡したと伝える一方、ロシア政府は軍の関与を否定(2018年2月14日)
ブルームバーグ(2月14日付)は、複数の米高官やロシア人専門家の話として、7日の米主導の有志連合によるダイル・ザウル県のシリア軍拠点に対する爆撃での死亡者のほとんどがロシア人で、その数は200人近かったと伝えた。 同サイ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46430

■トルコ軍がイドリブ県マアッラト・ヌウマーン市一帯での新監視所設置に向けてシリア領内に進入、ロシアはアレッポ県西部のトルコ軍監視所一帯での停戦監視のために憲兵隊を派遣(2018年2月14日)
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月14日付)によると、トルコ軍の部隊が、シャーム解放委員会などの反体制武装集団が活動を続けるマアッラト・ヌウマーン市一帯を視察した。 車輌6台からなるこの部隊は、イドリブ県のカフ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46432

■コーツ米国家情報長官はロジャヴァを主導するPYDの目的を初めて開示(2018年2月14日)
ダン・コーツ米国家情報長官は上院に提出した報告書のなかで、西クルディスタン移行期民政局を主導する民主統一党(PYD)のシリア国内での活動目的を初めて開示した。 アナトリア通信(2月14日付)が伝えたところによると、報告書 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46434

■イスラエル国会のアラブ人議員「イスラエルはダーイシュから石油を買っている」(2018年2月14日)#シリア #イスラエル #イスラーム国
イスラエル国会(クネセト)のアラブ人議員アーイダ・トゥーマー・スライマーン女史は「イスラエルはダーイシュ(イスラーム国)に協力し、彼らから石油を買っている…。国連はイスラエル政府がシリアのテロ組織と協力していることを確認 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46436

■マクロン仏大統領「アサド政権による化学兵器使用が確認できたら爆撃する。だが、今のところ証拠はない」(2018年2月14日)
フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、シリアのアサド政権による化学兵器使用が確認できたら、軍事介入すると述べた。 マクロン大統領は記者団に関して「私は、化学兵器に関してレッドラインを設定した。それを改めて確認すると、 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46438

■米国はロジャヴァ支配地域で拘束中のダーイシュ戦闘員を出身国が引き取るよう求めるが、西欧諸国はこれを拒否(2018年2月14日)
有志連合に参加する14カ国の国防大臣がイタリアの首都ローマで会合を開き、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が拘束したダーイシュ(イスラーム国)の外国人戦闘員数百人の処遇について協議した。 ジェーム ...
http://syriaarabspring.info/?p=46440

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:44374)