シリア:トルコ軍が有毒ガスを装填した砲弾でロジャヴァ支配地域を砲撃か?
2018年02月17日付 その他紙


■米主導の有志連合は2月9日~2月15日までの7日間でシリア領内で47回の空爆を実施(2018年2月16日)
米中央軍(CENTCOM)は、2月9日~2月15日の7日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 2月9日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し3回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46481

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは3件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2018年2月16日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(2月16日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を3件(アレッポ県1件、ラタキア県5件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも ...
http://syriaarabspring.info/?p=46483

■トルコ軍が有毒ガスを装填した砲弾でロジャヴァ支配地域を砲撃か?(2018年2月16日)
アレッポ県では、ANHA(2月16日付)、SANA(2月16日付)、スプートニク・ニュース(2月16日付)などによると、トルコ軍がアフリーン郡シャイフ・ハディード区のマズィーナ村に対して、有毒ガスを装填した砲弾で砲撃を行 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46485

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:44385)