エルドアン・プーチン・ローハーニー三者会談は2.22開催へ
2018年02月19日付 Hurriyet紙


ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、ウラジーミル・プーチン大統領が来たる4月、レジェプ・タイイプ・エルドアン大統領、イランのハサン・ローハーニー大統領との三者会談をトルコで行うため、準備を始めていると明らかにした。

スプートニク通信の報道によると、ペスコフ報道官は「こうした会談にむけて準備が行われている」と述べた。

トルコ・イラン・ロシアのトップが対面したのは昨年11月22日、ロシアのソチでの会談が最後だ。三者会談によってシリア国民対話会議の招集が決定され、会議は1月30日にソチで開催された。

ペスコフ報道官は2月7日に行った発表で、「ご存知のように、プーチン大統領はエルドアン大統領・ローハーニー大統領と継続的に連絡を取り合っている。こうした接触は、シリアに関する議題を話し合うために定期的に行われている」と述べ、新たな三者会談の可能性もあり得なくはないとしていた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:金戸 渉)
(記事ID:44399)