シリア:ダマスカス郊外県東グータ地方での停戦に向け、イスラーム軍、ラフマーン軍団とロシアの交渉が続くなか、シリア軍は同地の住民に武装集団に関わらず、人道回廊を通じて避難するよう呼びかける
2018年02月24日付 その他紙


■米主導の有志連合は2月16日~2月22日までの7日間でシリア領内で47回の空爆を実施(2018年2月23日)
米中央軍(CENTCOM)は、2月16日~2月22日の7日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 2月16日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し7回の空爆を実施、このうちシリア ...
http://syriaarabspring.info/?p=46717

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは22件の停戦違反を、トルコ側は17件の違反を確認(2018年2月23日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(2月23日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を14件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県7件、ラタキア県5件、アレッポ県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チーム ...
http://syriaarabspring.info/?p=46719

■SANAがロジャヴァからシリア政府への支配移譲に沸くアレッポ市シャイフ・マクスード地区などの写真を公開(2018年2月23日)
西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)が22日にシリア政府に移譲したアレッポ県アレッポ市ハラク地区、バニー・ザイト地区、ブスターン・バーシャー地区、シャイフ・マクスード地区、ブスターン・バーシャー地区、インザーラート ...
http://syriaarabspring.info/?p=46721

■ダマスカス郊外県東グータ地方での停戦に向け、イスラーム軍、ラフマーン軍団とロシアの交渉が続くなか、シリア軍は同地の住民に武装集団に関わらず、人道回廊を通じて避難するよう呼びかける(2018年2月23日)
ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が東グータ地方の反体制派支配地域に対する爆撃・砲撃を続けた。 シリア人権監視団によると、18日以降のシリア軍による東グータ地方への爆撃・砲撃により、子供96人を含む ...
http://syriaarabspring.info/?p=46745

■イドリブ県で活動する「侵略者撃退」作戦司令室は全土抗戦を開始すると発表(2018年2月23日)
アル=カーイダ系のシャーム解放委員会とともにシリア軍に対する抗戦を続けている「侵略者撃退」作戦司令室は声明を出し、ダマスカス郊外県東グータ地方に対するシリア軍の攻勢に対抗するため、自らが活動するイドリブ県、ハマー県、ラタ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46747

■トルコ軍はジャンディールス市(アフリーン市近郊)などへの攻撃を続け、住民1人が死亡(2018年2月23日)
アレッポ県では、ANHA(2月23日付)によると、トルコ軍がジャンディールス市を砲撃し、住民1人が死亡した。 トルコ軍はまた、ブルブル町近郊のクーターナー村を砲撃し、住民2人が負傷した。 なお、西クルディスタン移行期民政 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46749

■ロシア軍は最新鋭戦闘機Su-57をシリアに配備(2018年2月23日)
スプートニク・ニュース(2月23日付)は、ロシア軍最新鋭戦闘機のSu-57がシリア駐留ロシア空軍の拠点であるラタキア県のフマイミーム航空基地に配備された、と伝えた。 配備されたのは1機で、これと合わせて、Su-35戦闘機 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46751

■イドリブ県とアレッポ県でアル=カーイダ系のシャーム解放委員会とシャーム解放戦線の戦闘続く(2018年2月23日)
イドリブ県では、シャーム解放委員会に近いイバー通信(2月23日付)によると、シャーム解放委員会が前日に引き続き、シャーム解放戦線(シャーム自由人イスラーム運動、ヌールッディーン・ザンキー運動)によって奪われた拠点の一つル ...
http://syriaarabspring.info/?p=46753

■トルキスタン・イスラーム党はシャーム解放委員会とシャーム解放戦線の衝突に関して、前者寄りの姿勢を示す(2018年2月23日)
中国新疆ウィグル地区出身者からなるトルキスタン・イスラーム党は声明を出し、アレッポ県西部やイドリブ県で激化しているアル=カーイダ系のシャーム解放委員会とシャーム解放戦線(シャーム自由人イスラーム運動、ヌールッディーン・ザ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46755

■サウジアラビアのジュバイル外務大臣「我々はトルコとともにシリア反体制のため行動する」(2018年2月23日)
サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣は、ベルギーのブリュッセルにある王立国際関係研究所(エグモント研究所)で講演し、「トルコはこの地域において重要な大国であり、G20メンバーだ…。トルコは友好国であり、我々はさ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46757

■トルコのエルドアン大統領「アレッポ市を早急に包囲し、外部のテロリストとのつながりを遮断した後に、新たな戦略で攻撃を続ける」(2018年2月23日)
トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、与党公正発展党(AKP)の幹部との会合で、アレッポ県アフリーン市一帯で遂行中の「オリーブの枝」作戦に関して、「アレッポ市を早急に包囲し、外部のテロリストとのつながりを遮 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46759

■スプートニク・ニュース:ロジャヴァはアレッポ市シャイフ・マクスード地区に続いてアレッポ県北部の拠点都市タッル・リフアト市もシリア政府に移譲か?(2018年2月23日)
アレッポ県では、スプートニク・ニュース(2月23日付)は、西クルディスタン移行期民政局/北シリア民主連邦(ロジャヴァ)が、アレッポ市シャイフ・マクスード地区に続いて、県北部の拠点都市タッル・リフアト市をシリア政府に移譲 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46761

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:44413)