シリア:ロジャヴァ支配下のタッル・リフアト市(アレッポ県)に進駐したのは、シリア軍ではなく共和国防衛隊、目的は同市制圧ではなく、ロシア軍監視部隊が退去した駐屯地への進駐
2018年02月25日付 その他紙


■トランプ米大統領「シリアでの我々の唯一の目的はダーイシュ殲滅で、その目的を実現した」(2018年2月23日)
ドナルド・トランプ米大統領は、オーストラリアのマルコム・ターンブル首相と会談後の記者会見でシリア情勢に言及、そのなかで「シリアでの我々の唯一の目的はダーイシュ(イスラーム国)の殲滅と(住民の)帰宅だ。それ以外のいかなる理 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46767

■イスラーム軍のアッルーシュ政治局長「シリア軍は住民を退去させ、アラウィー派とシーア派を移住させるため、首都ダマスカスのバルザ区を砲撃している」(2018年2月23日)
ダマスカス郊外県東グータ地方で活動を続けるイスラーム軍のムハンマド・アッルーシュ政治局長は、自身のツイッター・アカウントを通じて、シリア政府の支配下にある首都ダマスカスのルクン・ディーン区を、反体制派ではなく、シリア軍が ...
http://syriaarabspring.info/?p=46769

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは15件の停戦違反を、トルコ側は9件の違反を確認(2018年2月24日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(2月24日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を15件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県10件、ラタキア県3件、アレッポ県1件、スワイダー県1件)確認したと発表した。 また ...
http://syriaarabspring.info/?p=46777

■反体制派は首都ダマスカスに迫撃砲50発以上を撃ち込み、住民7人が負傷(2018年2月24日)
ダマスカス県では、SANA(2月24日付)によると、ダマスカス郊外県東グータ地方で活動を続ける反体制武装集団が撃った迫撃砲弾50発以上が、マッザ86地区、ドゥワイラア地区、ベイルート通り、ウマウィーイーン通り一帯、ダーマ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46779

■トルコ軍はアフリーン市近郊を爆撃し、住民1人を殺害(2018年2月24日)
アレッポ県では、ANHA(2月24日付)によると、トルコ軍がシーヤ村近郊のハッジ・ハサナー村とサンナーラ村を結ぶ街道を走っていたオートバイを爆撃し、乗っていた住民1人を殺害した。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46781

■イスラーム軍のビークダール報道官「東グータ地方でシリア軍の誤爆で兵士数十人が死傷」(2018年2月24日)
ダマスカス郊外県東グータ地方で活動を続けるイスラーム軍のハムザ・ビークダール報道官は、シリア軍がフーシュ・ダワーヒラ村の前線で地上部隊の拠点複数カ所を誤爆し、兵士数十人が死傷したと主張した。 ドゥラル・シャーミーヤ(2月 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46783

■ホワイト・ヘルメットによると、東グータ地方に対するシリア・ロシア両軍の爆撃で40人以上が新たに死亡(2018年2月24日)
ダマスカス郊外県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月24日付)によると、シリア・ロシア両軍が東グータ地方のミスラーバー市、シャイフーニーヤ村、カフルバトナー町、アルバイン市、サクバー市、ハラスター市、ハッザ町、ハムーリーヤ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46785

■イドリブ県の国境に近いアティマ村などで、シャーム解放委員会とシャーム解放戦線の戦闘に抗議するデモ(2018年2月24日)
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月24日付)によると、シャーム解放委員会とシャーム解放戦線(シャーム自由人イスラーム運動、ヌールッディーン・ザンキー運動)の戦闘に抗議するデモが、トルコ国境に近いアティマ村、マア ...
http://syriaarabspring.info/?p=46787

■イドリブ県、アレッポ県でシャーム解放戦線がシャーム解放委員会支配下の複数カ村を制圧(2018年2月24日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シャーム解放戦線(シャーム解放委員会、ヌールッディーン・ザンキー運動)が、シャームの鷹大隊とともに、シャーム解放委員会の支配下にあるガーブ平原の村々を襲撃し、複数カ村を制圧した。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46789

■ロジャヴァ支配下のタッル・リフアト市(アレッポ県)に進駐したのは、シリア軍ではなく共和国防衛隊、目的は同市制圧ではなく、ロシア軍監視部隊が退去した駐屯地への進駐(2018年2月24日)
『ハヤート』(2月25日付)は、複数の消息筋の話として、シリア政府と西クルディスタン移行期民政局/北シリア民主連邦(ロジャヴァ)がアレッポ県タッル・リフアト市の移譲について合意し、シリア軍が同市に進駐するとしたスプートニ ...
http://syriaarabspring.info/?p=46791

■国連安保理はシリアで少なくとも30日間の人道停戦を「延滞なく実施」することを定めた決議第2401号を全回一致で採択(2018年2月24日)
国連安保理は、ダマスカス郊外県東グータ地方や首都ダマスカスで激化しているシリア軍の爆撃・砲撃と反体制派の砲撃に対処するための会合を開き、人道支援物資搬入のため、少なくとも30日間の人道停戦を実施することを定めた決議第24 ...
http://syriaarabspring.info/?p=46793

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:44418)