トルコ、PKK問題でアルメニアに抗議
2018年03月15日付 Hurriyet紙


ビナリ・ユルドゥルム首相はアゼルバイジャン領でアルメニアの占領下にある地域にテロ組織PKKが定住するという問題について、質問に答えた。

 ビナリ・ユルドゥルム首相はバクーで行った会見の中で、アゼルバイジャンとアルメニアの間で起きたダールク・カラバー問題に関連する重要な発言をした。首相はアルメニアの占領下の地域にPKKテロ組織が居つくという噂に関連し、次のようなことを述べた。

 「アゼルバイジャンとトルコは、地域の安全確保やテロへの対抗に関して共同で協働している。ガラパー問題はアゼルバイジャンの権利の件である。アゼルバイジャンである集団殺人が行われた。アルメニアはその報復を受けるべきだ。ここではテロリストたちが定住しようとしていることは影響しない。もし同盟国であり姉妹国であるアゼルバイジャンもしくはトルコにテロの脅威が迫るならば報復をする。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:平山莉央)
(記事ID:44495)