イギリス、トルコ国籍者への無期限滞在許可を廃止
2018年03月16日付 Cumhuriyet紙


英内務省は、アンカラ協定の一端としてトルコ国籍者に与えていた無期限滞在許可を本日以降廃止した。今後は延長ビザのみ与えられることになる。

英内務省は、アンカラ協定の一端としてトルコ国籍者に与えていた無期限滞在許可を廃止した。

アンカラ協定の適用によれば、トルコ国籍者は最初の申請で1年間、その延長時には3年ビザを取得し、この4年終了後に無期限滞在許可を取得する。新しい取り決めにより、この許可は廃止となった。英内務省は、無期限滞在を廃止したと発表した。今後はトルコ国籍者はビザ延長申請のみを認められる。全ての申請で3年間の滞在許可が与えれることとなる。内務省は、この変更に関して新しい申請カテゴリーの準備に入っていることも発表した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:尾形知恵)
(記事ID:44501)