シリア:トルコのエルドアン大統領はロジャヴァの拠点都市アフリーン市の完全制圧を宣言、アサド大統領は停戦合意大詰めの東グータ地方を訪問
2018年03月19日付 その他紙


■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは11件の停戦違反を、トルコ側は9件の違反を確認(2018年3月18日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(3月18日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を11件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県5件、ラタキア県4件、アレッポ県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チーム ...
http://syriaarabspring.info/?p=47390

■東グータ地方で活動を続けるラフマーン軍団との停戦交渉大詰めに(2018年3月18日)
ドゥラル・シャーミーヤ(3月18日付)は、ラフマーン軍団のワーイル・アルワーン報道官が「国連の使節団と、東グータ地方の住民を保護するための真剣な交渉を行うために調整している」と述べた、と伝えた。 同サイトが入手したという ...
http://syriaarabspring.info/?p=47393

■ラフマーン軍団の支配下にある東グータ地方南部から住民数千人がシリア政府支配地域に避難(2018年3月18日)
ダマスカス郊外県では、SANA(3月18日付)によると、反体制武装集団の支配下にあった東グータ地方から、シリア軍が確保した安全回廊を経由して住民数千人が新たにシリア政府支配地域に退去した。...
http://syriaarabspring.info/?p=47410

■トルコ軍と反体制武装集団は「オリーブの枝」作戦開始から約2ヶ月でロジャヴァの拠点都市アフリーン市を完全制圧(2018年3月18日)
トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、ガルポリの戦い(1916年)での戦勝記念日の演説で、「アフリーン市中心街に今、テロリストどもの旗ではなく、トルコ国旗と自由シリア軍の旗がなびく」と述べ、同市を制圧したと ...
http://syriaarabspring.info/?p=47412

■ダーイシュはダイル・ザウル県東部でシリア軍拠点を奇襲し、第12ステーション(カム石油貯蔵所)を制圧(2018年3月18日)
ダイル・ザウル県では、ユーフラテス・ポスト(3月18日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が第12ステーション(カム石油貯蔵所)一帯のシリア軍拠点を奇襲し、同地を制圧した。
http://syriaarabspring.info/?p=47414

■YPG主体のシリア民主軍は、アフリーン市喪失に関して「ロシアとの合意、地域諸国の共謀のもとに行われた」と批判(2018年3月18日)
西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍は声明を出し、「アフリーン市に対する「オリーブの枝」作戦の攻撃は、ロシアとの合意、そして地域諸国の共謀のもとに開始された」と批判した。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=47416

■アサド大統領は東グータ地方の前線および避難民を視察(2018年3月18日)
アサド大統領は、ダマスカス郊外県東グータ地方の前線のシリア軍将兵を視察した。 大統領は将兵らを前に「シリア国民は、銃をとって祖国を防衛するすべての兵を誇りに思っている。治安と安定を回復し、市民をテロおよびその支援者どもの ...
http://syriaarabspring.info/?p=47418

1. ■

http://syriaarabspring.info/?p=474?

Tweet
シェア


 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:44512)