ドアン・ホールディング、親政権勢力に売却、その値段は
2018年03月22日付 Cumhuriyet紙

ドアン・ホールディングは、紙媒体や映像メディア部門で活動する傘下の企業を、金融債務の引き下げを条件に、デミルオレン・ホールディングへ株価8億9千ドルで売却するための交渉を始めたと発表した。

ドアン・グループは、紙媒体や映像メディアで活動する傘下企業の債務を清算することで、株価8億9千ドルでデミルオレン・グループに売却するための交渉が始まったと述べた。

この話に関してドアン・グループからKAP(世論啓発プラットフォーム)に行われた会見で次のように説明された。

「我が社のグループには、ヤイサト、ポスタ、ファナティキ、DHA、ドアンTVホールディング、カナルD、CNNトルコ、ヒュッリイェトやDスマートが存在する。紙媒体や映像メディアで活動する、直接あるいは間接的関係を持つ各社の、我々がそのほとんどを所有する全株式の売却・譲渡について、企業価値11億ドルから金融債務の引き下げを行うことを条件とし、株価8億9千ドルでデミルオレン・ホールディングとの交渉に入った。」

ドアン・メディアの、ユルドゥルム・デミルオレンの父、エルドアン・デミルオレンが会長を務めるデミルオレン・グループへの売却は、トルコ共和国史上、最大のメディアオーナーの交代だといわれている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:庄原茉美)
(記事ID:44530)