トルコ軍、アフリーンを完全制圧
2018年03月25日付 Hurriyet紙


トルコ国軍(TSK)は、自由シリア軍(ÖSO)の部隊を支援するため、1月20日に戦闘機72機による爆撃で「オリーブの枝」作戦を開始した。1月21日にキリス県ギュルババから地上部隊が進入したことによって、同作戦は空と地上から行われた。そして作戦の64日目、アフリーンを完全に制圧した。この作戦では49名が犠牲となり、約2,300平方メートルの地域からテロ組織PYD/PKKが一掃された。

■作戦は未だ終わらず

アフリーンを完全に制圧したことに関する最初の表明は、参謀総長フススィ・アカル大将が、一昨日の夜(23日)高等教育機構(YÖK)で行われた「トルコと世界の安全保障政策と教育」会議で発した。アカル参謀総長は、「定められたライン以西の地域には3から5の村が残されている」と述べた。

24時間を置かずして、TSKとÖSO部隊は、昨日(24日)の朝3~5の村も確保し、アフリーンを完全に掌握した。ラコ、ビュルビュル、シェイフ・ハディド、ジンデレス、シェラン、マバトルの各町とともに350以上の村と集落がTSKとÖSOの監視下に入った。TSKとÖSOは、アフリーン地域を完全に制圧し、アサド体制の支配下にあるアレッポ北西の郊外の町ヌブルとアル・ザフラアまで達した。

軍の情報筋は、アフリーンの完全掌握が作戦終了を意味するわけではないことを、特に強調した。優先されるのは、秩序と安全の確保だ。アフリーンでは、テロ組織と関係のない郡の要人らから郡議会が形成され、知事が任命される。郡の要人らと部族の意見も取り入れられ、警察部隊の結成が計画されている。警察部隊は1,000人から作られるとされており、トルコ治安部隊が訓練を行うことが明らかにされている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:永山明子)
(記事ID:44545)