日本の桜を愛でる
2018年03月29日付 Hurriyet紙


日本では桜のつぼみが開き、目にも鮮やかな風景が広がる。ある公園では、芸術家が桜が水面に散った様をドローンで撮影し、この絵を永遠のものにしたようだ。これらがその写真である・・・

日本では毎春桜が咲くと、公園はどこも天の庭に変わる。

写真家のダニロ・ドゥンゴ氏がこの壮麗な眺めを活かして素晴らしい作品に仕上げた。桜が水面に散る様をドローンで撮影した作品は多くの称賛を集めた・・・

3月から4月の短い期間に咲く桜は、東京で壮麗な景色を生み出し、多くの人の関心を集める。

花びらが水面に浮かび、輝きを見せるその華やかな色は、あたかも大地から天へとほとばしる花火の美しさを思わせる。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:市野太音 )
(記事ID:44569)