トランプ米大統領「米軍はシリアからすぐに出て行くだろう」、マクロン仏大統領「シリア民主軍を支援するため部隊を増派する」
2018年03月31日付 その他紙


■トランプ米大統領「米軍はシリアからすぐに出て行くだろう」(2018年3月29日)
ドナルド・トランプ米大統領は、中西部オハイオ州リッチフィールドでの集会で支持者を前に演説し、米国が「シリアからすぐに出て行くだろう」と述べた。 トランプ米大統領は「我々は地獄の門を叩き、ISIS(ダーイシュ(イスラーム国 ...
http://syriaarabspring.info/?p=47821

■マクロン仏大統領「シリア民主軍を支援するため部隊を増派する」(2018年3月29日)
フランス大統領府は声明を出し、エマニュエル・マクロン大統領が、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍の使節団との会談で、シリア北東部の安定回復とダーイシュ(イスラーム国)の再台頭阻止に向けて支援を行うと ...
http://syriaarabspring.info/?p=47823

■米主導の有志連合は3月23日~3月29日までの7日間でシリア領内で7回の空爆を実施(2018年3月30日)
米中央軍(CENTCOM)は、3月23日~3月29日の7日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 3月23日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し3回の空爆を実施、このうちシリア ...
http://syriaarabspring.info/?p=47825

■ロジャヴァ支配下のマンビジュ市での爆発物処理中に米軍兵士2人が死亡、5人が負傷(2018年3月30日)
米中央軍(CENTCOM)は声明を出し、3月29日にシリア国内で爆発物処理を行っていた米軍兵士7人が爆発に巻き込まれ、2人が死亡、5人が負傷したと発表した。 CENTCOMは、兵士7人が死傷した場所を明らかにしなかったが ...
http://syriaarabspring.info/?p=47827

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは12件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2018年3月30日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(3月30日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を12件(ラタキア県6件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県5件、アレッポ県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チーム ...
http://syriaarabspring.info/?p=47829

■ロシア軍参謀本部機動総局のルドスコイ局長「ドゥーマー市からの戦闘員と家族の退去に関して、イスラーム軍と合意に達した」(2018年3月30日)
ロシア軍参謀本部機動総局のセルゲイ・ルドスコイ局長はモスクワの国防省で、ダマスカス郊外県東グータ地方での住民の脱出と戦闘員の退去の進捗状況についての報告を行い、ドゥーマー市からの戦闘員と家族の退去に関して、イスラーム軍と ...
http://syriaarabspring.info/?p=47831

■SANA「イスラーム軍戦闘員のイドリブ県退去にかかる停戦合意がまもなく交わされる」(2018年3月30日)
SANA(3月30日付)は、ダマスカス郊外県東グータ地方のドゥーマー市で活動を続けるイスラーム軍の「テロリスト」のイドリブ県への退去を定めた停戦合意がまもなく交わされると伝えた。
http://syriaarabspring.info/?p=47839

■イスラーム軍はドゥーマー市からの退去に関する合意締結を否定(2018年3月30日)
イスラーム軍のハムザ・ビールクダール報道官は、ロシア軍参謀本部機動総局のセルゲイ・ルドスコイ局長が記者会見でダマスカス郊外県東グータ地方のドゥーマー市からのイスラーム軍の田居に関する合意を締結したと述べたことを受けて、報 ...
http://syriaarabspring.info/?p=47841

■ラフマーン軍団支配下の東グータ地方アルバイン市一帯から4,849人が新たに退去、イスラーム軍支配下のドゥーマー市から住民数百人が新たに脱出(2018年3月30日)
ダマスカス郊外県では、SANA(3月30日付)によると、東グータ地方アルバイン市、ザマルカー町、アイン・タルマー村、ダマスカス県ジャウバル区で活動を続けていた反体制武装集団(ラフマーン軍団)戦闘員1,485人を含む4,8 ...
http://syriaarabspring.info/?p=47843

■アレッポ県アフリーン郡でYPGがトルコ軍、反体制武装集団を攻撃(2018年3月30日)
アレッポ県では、ANHA(3月30日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊(YPG)がブルブル町近郊のマーミー・グール丘でトルコ軍と反体制武装集団を攻撃した。
http://syriaarabspring.info/?p=47845

■シリア民主軍のための増派を約束したフランス大統領にトルコのエルドアン大統領は「あからさまな敵対行為」と厳しく非難(2018年3月30日)
トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍のための支援増大をフランスのエマニュエル・マクロン大統領が確認したことに関して、「トルコとテロ組織を仲介したいな ...
http://syriaarabspring.info/?p=47847

■シャーム戦線はアフリーン郡で略奪を行った戦闘員52人を解任(2018年3月30日)
トルコ軍が続行する「オリーブの枝」作戦に参加する反体制武装集団の一つ、シャーム戦線は声明を出し、アレッポ県アフリーン市などで略奪を行ったメンバー52人を解任した、と発表した。 シャーム戦線が解任したのは、アブー・ザイド・ ...
http://syriaarabspring.info/?p=47849

■シリア民主軍報道官が「シリアからすぐに出て行くだろう」とのトランプ米大統領の発言にコメント(2018年3月30日)
西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍のキーヌー・ガーブリイール報道官は、ドナルド・トランプ米大統領が「シリアからすぐに出て行くだろう」と述べたことに関して、ロイター(3月30日付)に対して、「明確では ...
http://syriaarabspring.info/?p=47851

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:シリア・アラブの春顛末期)
(記事ID:44582)