パスポート、運転免許証、新身分証、本日から人口総局で取り扱い
2018年04月02日付 Hurriyet紙

パスポート、運転免許証、新身分証に新たな時代。警察総局によって取り扱われていたパスポートおよび運転免許証の書類の取り扱いに関する業務が、人口・国籍総局に移管された。本日からICチップ付きの身分証とともに運転免許証、パスポートも同局に移管される。

パスポートおよび運転免許証は、本日から人口・国籍総局に移管される。

内務省も、パスポートおよび運転免許証が4月2日以降に人口総局から交付されるため、公共交付所を設置した。「3つの手続きを1つに」というスローガンのもと設置された公共交付所によると、新しい施行によって人々は、パスポート、運転免許証、身分証明書を一カ所で入手できる。

人口総局に提出された写真、指紋、サインは、すべての業務にとって有効となる。人々は、ALO199番市民相談センターあるいはrandevu.nvi.gov.trというインターネットのサイトから手続きのための予約が可能である。

■申し込み場所

他方、503箇所あるパスポート申請所も761箇所に、596箇所ある運転免許証の申請はというと680に増加した。

先週、パスポートおよび運転免許証に関する事務の移管式で話したスレイマン・ソイル内相は、4月2日からすべての手続きは郡の人口総局で申請することができると話した。ソイル内相は、「トルコ共和国の身分証、パスポート、運転免許証の手続きが同じ場所で行われるようになるため、人々が1枚以上の証明書のため申請を行う必要がある際、別々に書類を提出する必要なくなる。さらに、免許、身分、パスポートのデータを情報のために使用する可能性も持つことができる」と話した。

E-人口組合アリ・カルト委員長は、2018年4月2日付でICチップ付きの身分証とともに免許とパスポートも人口総局に移管されると触れ、手続きでは不完全なインフラと仕事の事務量のため大きな問題が発生するだろうと述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:新井慧)
(記事ID:44585)