シリア:トランプ米大統領「我々にシリアに留まって欲しいなら、サウジアラビアがその費用を支払わねばならない」(2018年4月3日)
2018年04月04日付 その他紙


■親政権民兵組織「東部地区人民抵抗」はラッカ県内の米軍基地を砲撃したと発表(2018年4月2日)
親政権民兵組織の「東部地区人民抵抗」はフェイスブックのアカウント( ...
http://syriaarabspring.info/?p=47966

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2018年4月3日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(4月3日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を7件(ラタキア県5件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも2件(ダルアー県) ...
http://syriaarabspring.info/?p=47940

■トルコの侵攻と占領から避難したアフリーン郡住民約60人がハサカ県の仮設居住センターに収容される(2018年4月3日)
SANA(4月3日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団のアレッポ県アフリーン郡への侵攻と占領を受けて避難した住民10世帯60人(うち孤児18人)が、ハサカ県西部のタッル・ナスリー村に設置された仮設居住セ ...
http://syriaarabspring.info/?p=47942

■ヒムス県北部とハマー県南部で活動を続ける武装集団は「中部地区統合司令部」を結成(2018年4月3日)
ヒムス県北部とハマー県南部で活動を続ける武装集団は共同声明を出し、「中部地区統合司令部」を結成したと発表した。 同司令部に参加したのは、第4軍団、シャーム軍団ヒムス地区、タウヒード軍、ヒムス軍、祖国解放運動ヒムス地区、ラ ...
http://syriaarabspring.info/?p=47944

■ダマスカス郊外県東カラムーン地方で活動を続ける反体制武装集団は「強制移住」回避に向け統合司令部を設置(2018年4月3日)
ダマスカス郊外県では、東カラムーン地方で活動を続ける反体制武装集団が共同声明を出し、統合司令部を設置したと発表した。 声明によると、統合司令部は、総司令官、合同作戦司令室、政治局から構成され、東カラムーン地方の都市部の平 ...
http://syriaarabspring.info/?p=47955

■東グータ地方ドゥーマー市からイスラーム軍戦闘員と家族1,198人がトルコの実質占領下にあるアレッポ県ジャラーブルス市方面に退去(2018年4月3日)
ダマスカス郊外県では、SANA(4月3日付)によると、東グータ地方ドゥーマー市で活動を続けてきたイスラーム軍の戦闘員と家族1,198人が、シリア政府によって用意された大型バス24台に分乗し、トルコの実質占領下にあるアレッ ...
http://syriaarabspring.info/?p=47958

■トランプ米大統領「我々にシリアに留まって欲しいなら、サウジアラビアがその費用を支払わねばならない」(2018年4月3日)
ドナルド・トランプ米大統領は、エストニア、ラトビア、リトアニアの首脳との会談後の共同記者会見で、シリアからの米軍の撤退に関して、「真剣に検討している…。サウジアラビアは我々の決定に強い関心を示している。では、彼らにこう言 ...
http://syriaarabspring.info/?p=47960

■反体制系サイトは二つのアル=カーイダ系組織、シャーム解放委員会、シリア解放戦線の停戦交渉をトルコが仲介しているとの情報を否定(2018年4月3日)
ドゥラル・シャーミーヤ(4月3日付)は、イドリブ県、アレッポ県で対立を続ける二つのアル=カーイダ系組織、シャーム解放委員会、シリア解放戦線の停戦交渉をトルコが仲介しているとの一部報道を否定した。 同サイトの消息筋によると ...
http://syriaarabspring.info/?p=47962

■米軍はマンビジュ市近郊の基地拡張に向け建築物資や重機を搬入(2018年4月3日)
アレッポ県では、アナトリア通信(4月3日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍を支援する米国は、マンビジュ市近郊のダーダート村にある監視拠点2カ所を拡張するため、建築物資や重機を搬入した。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=47964

■米国防総省報道官「マンビジュ市で死亡した兵士2人の任務はダーイシュ幹部の殺害・逮捕だった」(2018年4月3日)
米国防総省のエイドリアン・ランキン=ギャロウェイ報道官(少佐)は、3月29日にアレッポ県マンビジュ市で死亡した有志連合の兵士2人(米兵1人、英兵1人)に関して「2人の任務は、ダーイシュ(イスラーム国)の幹部を殺害、ないし ...
http://syriaarabspring.info/?p=47968

■ロシア・シリア両軍はイドリブ県を爆撃し、19人死亡(2018年4月3日)
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(4月3日付)によると、ロシア・シリア両軍の戦闘機が、アリーハー市の野菜市場、アサディーヤ村、スッカリーヤ村を爆撃し、19人が死亡、40人が負傷した。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=47970

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44589)