シリア:イスラエル軍がシリア領内を再び爆撃、ロシアのニュースサイトはロシアがイスラエルの爆撃を黙認する理由を解説
2018年05月09日付 その他紙


■アサド大統領は最高憲法裁判所長官および判事10人を任命(2018年5月8日)
アサド大統領は2018年法令第165号を施行し、ムハンマド・ジハード・ラッハーム氏を最高憲法裁判所長官に任命した。 2018年法令第165号ではまた、最高憲法裁判所の判事10人を任命した。 任命された判事は以下の通り: ... → 記事

■シリア外務在外居住者省はトランプ米政権によるイラン核合意からの離脱を厳しく非難(2018年5月8日)
外務在外居住者省消息筋は、ドナルド・トランプ米大統領が、イラン核合意(2015年)からの離脱と対イラン制裁の再開を決定したことに関して、「米国が国際的な条約や合意を拒否し、遵守しないことを再認識させる」行為と厳しく批判、 ... → 記事

■シリア軍はハジャル・アスワド市でダーイシュ掃討を続ける(2018年5月8日)
ダマスカス県・ダマスカス郊外県では、SANA(5月8日付)によると、シリア軍がハジャル・アスワド市一帯にあるダーイシュ(イスラーム国)の拠点に対する爆撃・砲撃を継続、同地でダーイシュと交戦した。 → 記事

■トルコは、実質占領するアレッポ県北部へのヒムス県、ハマー県の武装集団戦闘員の受け入れを拒否するも、地元住民の反発を受けて、戦闘員を受け入れる(2018年5月8日)
SANA(5月8日付)によると、ロシア仲介によるシリア政府と、ヒムス県北部・ハマー県南部の反体制武装集団の停戦合意(1日)に従い、シリア軍に重火器、中火器の引き渡しを完了した武装集団の戦闘員とその家族が、7日に引き続き、 ... → 記事

■イスラエル軍がシリア領内を再び爆撃:SANAによるとシリア軍がミサイル2発を撃破するも、住民2人が死亡(2018年5月8日)
シリア軍消息筋は、報道向け声明を出し、シリア軍の防空部隊が8日晩、ダマスカス郊外県キスワ市一帯に向けて発射されたイスラエル軍のミサイル2発を撃破した、と発表した。 これに関して、SANA(5月8日付)は、撃墜されたミサイ ... → 記事

■米海軍航空母艦ハリー・S・トルーマンがダーイシュ掃討戦に参加(2018年5月8日)
ロイター(5月8日付)は、米海軍の航空母艦ハリー・S・トルーマンが、米英仏のシリア攻撃(4月14日)の4日後にあたる4月18日にから、シリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)に対する航空作戦に参加している、と伝えた。 ... → 記事

■イスラーム軍はアレッポ県北部で活動する武装集団との糾合を否定(2018年5月8日)
イスラーム軍はツイッターの公式アカウント(https://twitter.com/jaishalislam)を通じて声明を出し、ダマスカス郊外県東グータ地方から退去した戦闘員が、アレッポ県北部で活動する反体制武装集団とと ... → 記事

■アレッポ県に進駐するトルコ軍は地元の武装集団と住民に「シリア軍は緊張緩和地帯を攻撃できない」と説得(2018年5月8日)
アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月8日付)によると、アンダーン市近郊に配置されているトルコ軍監視所が同地で活動する反体制武装集団や住民に対して、緊張緩和地帯に設置されている県北部のいかなる市町村に対しても、シリ ... → 記事

■ダルアー県の武装集団8組織がヒズブッラー、アサド政権、ダーイシュを根絶するため新たな武装部隊を発足させることで合意(2018年5月8日)
ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月8日付)によると、同地で活動を続ける反体制武装集団など8組織が共同声明を出し、ヒズブッラー、アサド政権、そしてダーイシュ(イスラーム国)の「細胞」を放逐するため、新たな武装部隊 ... → 記事

■ロシアのニュースサイト「スヴォボドナヤ・プレサ」:ロシアは自らの意に反してイランがシリアで影響力を増しているため、イスラエルの爆撃を黙認している(2018年5月8日)
ロシアのニュースサイト「スヴォボドナヤ・プレサ」(5月8日付)は、頻発化しているイスラエル軍によるシリアへの攻撃をロシアが黙認していることに関して、「イスラエルはシリア国内の拠点を爆撃できる。だが、シリア領空の支配する国 … → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44618)