シリア:米英仏は攻撃に際して、ロシアだけでなく、イランの標的も回避し、反体制派に「攻撃に乗じてアサド政権を攻撃すれば支援を打ち切る」と警告
2018年04月16日付 その他紙


■反体制派の人権団体幹部(匿名)「東グータ地区ドゥーマー市での塩素ガス使用疑惑事件はでっちあげ」(2018年4月13日)
シリア反体制派の人権団体幹部は12日、共同通信の取材に対し、ダマスカス郊外県東グータ地区ドゥーマー市で7日に発生した塩素ガス使用疑惑事件について「アサド政権に抵抗する反体制派への支持を結集するため、でっちあげられた」と主 …
http://syriaarabspring.info/?p=48383

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは3件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2018年4月15日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(4月15日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を3件(ラタキア県)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも2件(イドリブ県)の停戦違反を確認したという。 ほとんど ...
http://syriaarabspring.info/?p=48385

■アサド大統領は「統一ロシア」使節団と会談:「シリアとロシアの戦いはテロに対するだけでなく、国際法を守るためのもの」(2018年4月15日)
アサド大統領はシリアを訪問中のロシアの与党「統一ロシア」の使節団と首都ダマスカスで会談した。 会談では14日の米英仏によるシリア攻撃、シリア情勢の視点、シリア・ロシア二国間関係などについて意見を交わした。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48387

■米国、ギリシャ、イラク、アルゼンチン、セルビアで米英仏のシリア攻撃に抗議するデモ(2018年4月15日)
14日の米英仏のシリア攻撃に反対する抗議デモが、米国の首都ワシントンDC、ロサンジェルス、ギリシャの首都アテネ、イラクのバスラ、ヤアクーバ、ナジャフ、ナースィリーヤ、アマーラ、ワースィト、アルゼンチンの首都ブエノスアイレ ...
http://syriaarabspring.info/?p=48393

■イラク外務大臣、アルジェリア外務省、エジプト大統領府は米英仏のシリア攻撃を非難(2018年4月15日)
イラクのイブラーヒーム・ジャアファリー外務大臣は、14日の米英仏のシリア攻撃に関して、地域の安全保障と安定に悪影響を及ぼし、一度は敗北したはずのテロリストが再び活動する機会を与えかねない、と非難した。 外務省が発表した声 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48395

■アラブ連盟首脳会議が開幕:議長国のサウジアラビアは米英仏のシリア攻撃を無視(2018年4月15日)
サウジアラビアのダーランでアラブ連盟首脳会議が開幕した。 議長国であるサウジアラビアのサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王は基調演説を行い、パレスチナ問題、イエメン情勢、リビア情勢、テロの脅威、イランによる干渉政策 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48397

■レバノンのハサン・ナスルッラー書記長「米英仏のシリア攻撃はOPCWが真実を明かす前に敢行された」(2018年4月15日)
レバノンのヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長は、13日に続いてテレビ演説を行い、14日の米英仏のシリア攻撃に関して、化学兵器禁止機関(OPCW)の専門家チームがダマスカス郊外県東グータ地方ドゥーマー市に到着し、真実 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48399

■ロシアのプーチン大統領とイランのロウハーニー大統領:米英仏のシリア攻撃を「国際法への違反行為」と非難(2018年4月15日)
ロシアのヴラジミール・プーチン大統領はイランのハサン・ロウハーニー大統領と電話会談を行い、14日の米英仏のシリア攻撃への対応について意見を交わした。 ロシア大統領府の声明によると、両首脳は会談で、攻撃を「国際法への違反行 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48401

■イドリブ県で二つのアル=カーイダ系組織が交戦、シャーム解放委員会がシリア解放戦線支配下のハーン・シャイフーン市を制圧し、ハマー県北部に進軍(2018年4月15日)
イドリブ県では、ANHA(4月15日付)、『ハヤート』(4月16日付)などによると、アル=カーイダ系のシャーム解放委員会とシリア解放戦線(シャーム自由人イスラーム運動)が県南部一帯で交戦した。 シリア人権監視団によると、 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48403

■ダーイシュが首都ダマスカスを砲撃し、女児1人が死亡、住民9人が負傷(2018年4月15日)
ダマスカス県では、SANA(4月15日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がタダームン区の住宅街を砲撃し、女児1人が死亡、住民9人が負傷した。
http://syriaarabspring.info/?p=48405

■武装集団がロジャヴァ傘下のマンビジュ軍事評議会の拠点襲撃を試みる(2018年4月15日)
アレッポ県では、ANHA(4月15日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍所属のマンビジュ軍事評議会の拠点を襲撃しようとした武装集団を同評議会の部隊が撃退、戦闘員1人を殺害した。
http://syriaarabspring.info/?p=48407

■SANAはドゥーマー市で発見されたイスラーム軍の武器製造工場や弾薬庫の写真・映像を公開(2018年4月15日)
SANA(4月15日付)は、ダマスカス郊外県東グータ地方のドゥーマー市に14日に展開した内務治安軍が、イスラーム軍の武器製造工場や弾薬庫を発見したと伝え、その写真や映像を公開した。
http://syriaarabspring.info/?p=48409

■米英仏はシリアでの化学兵器使用を調査するための独立国際調査機関(UNIMI)設置、同国への人道支援、和平プロセス再開を求める安保理決議案を提出(2018年4月15日)
ダマスカス郊外県東グータ地方ドゥーマー市での化学兵器(塩素ガス)使用疑惑事件を根拠に13日にシリア攻撃を敢行した米英仏の三カ国は、シリア国内での化学兵器の使用実態を調査するための「独立国際調査機関」(UNIMI)の設置を ...
http://syriaarabspring.info/?p=48411

■フランスのル・ドリアン外務大臣「イドリブ市で人道的悲劇が発生する危険がある」(2018年4月15日)
フランスのジャン=イヴ・ル・ドリアン外務大臣は、アル=カーイダ系のシャーム解放委員会やシリア解放戦線(シャーム自由人イスラーム運動、ヌールッディーン・ザンキー運動)が主導する反体制派の支配下にあるイドリブ市の処遇に関して ...
http://syriaarabspring.info/?p=48413

■ダマスカス郊外県東カラムーン地方で活動を続けるシャーム解放軍はロシア、シリアとの停戦交渉を拒否(2018年4月15日)
ダマスカス郊外県東カラムーン地方で活動を続けるシャーム解放軍は声明を出し、同地の処遇をめぐってロシアやシリア政府との協議に応じている「統合司令部」と一線を画し、停戦交渉には応じないとの姿勢を明示した。
http://syriaarabspring.info/?p=48415

■ヘイリー米国連大使はシリアからの米軍撤退の条件を三つあげる(2018年4月15日)
ニッキー・ヘイリー米国連大使は、CBS(4月15日付)のインタビューのなかで、米軍のシリアからの撤退の条件について言及した。 ヘイリー大使は、米軍のシリア駐留に関して三つの条件があるとしたうえで、「第1は、米国の国益を危 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48417

■アラビーヤ:米英仏のシリア攻撃ではロシアだけでなく、イランの拠点を標的とすることも回避される(2018年4月15日)
アラビーヤ(4月15日付)は、米ホワイト・ハウスの複数の高官の話として、14日の米英仏のシリア攻撃では、シリア領内のロシアだけでなく、イランの拠点を標的とすることも回避された、と伝えた。
http://syriaarabspring.info/?p=48419

■米主導の有志連合は米英仏のシリア攻撃の前後に、反体制派に対して「アサド政権を攻撃すれば、支援を停止する」と警告(2018年4月15日)
『ウォール・ストリート・ジャーナル』(4月15日付)は、14日の米英仏によるシリア攻撃の実施の前後、米主導の有志連合がシリアの反体制武装集団に、爆撃の詳細を説明しない旨通知していたと伝えた。 米国の支援を受ける革命特殊任 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48421

■OPCWはドゥーマー市での塩素ガス使用疑惑事件に関する調査を開始:スーサーン外務在外居住者大臣補「OPCWの発表は、これまでの主張をウソだとして覆すものとなろう」(2018年4月15日)
化学兵器禁止機関(OPCW)の調査チームは、7日にダマスカス郊外県東グータ地方ドゥーマー市で発生した塩素ガス使用疑惑事件に関する調査を開始した。 OPCWは15日にツイッターのアカウント( ...
http://syriaarabspring.info/?p=48423

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44661)