シリア:ホワイト・ヘルメットのサーリフ代表「ドゥーマー市での化学兵器攻撃の犠牲者の埋葬場所を調査委員会に伝えた。遺体の身元を明らかにし、死亡を記録する時間的余裕はなかった」
2018年04月19日付 その他紙

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2018年4月18日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(4月18日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件、ラタキア県4件、ヒムス県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも2 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48498

■レバノンに避難していた難民550人がダマスカス郊外県バイト・ジン村に帰還(2018年4月18日)
ダマスカス郊外県では、SANA(4月18日付)によると、レバノンで避難生活を行ってきたシリア人難民約550人が、ジュダイダト・ヤーブース国境通行所(マスナア国境通行所)を経由してバイト・ジン村と同地一帯に帰還した。 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48500

■ダマスカス郊外県東カラムーン地方ドゥマイル市での停戦合意を受け、イスラーム軍の戦闘員と家族5,000人がトルコ占領下のアレッポ県ジャラーブルス市に退去(2018年4月18日)
ダマスカス郊外県では、SANA(4月18日付)によると、東カラムーン地方で活動を続けてきた反体制武装集団の一つイスラーム軍の戦闘員約1,500人とその家族約3,500人が、ロシア仲介によるシリア政府との停戦合意に従い、重 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48507

■ヒムス県北部とハマー県南部の交渉委員会はロシアと停戦に合意(2018年4月18日)
ヒムス県北部とハマー県南部の交渉委員会は、テレグラムのアカウント(4月18日付)を通じて、ヒムス県ダール・カビーラ村に設置された通行所で、ロシア側と交渉を行い、停戦に合意したことを明らかにした。 交渉では、次回の会合まで ...
http://syriaarabspring.info/?p=48509

■ダマスカス県ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプでシリア軍とダーイシュの砲撃戦続く(2018年4月18日)#シリア #イスラーム国
ダマスカス県では、SANA(4月18日付)によると、県南部のヤルムーク・パレスチナ難民キャンプなどで活動を続けるダーイシュ(イスラーム国)が撃った迫撃砲が、新ザーヒラ地区、ブスターン・ダウル地区に着弾した。 一方、シリア ...
http://syriaarabspring.info/?p=48511

■OPCWの専門家チームはドゥーマー市での発砲や爆発を受けて退避、調査は延期に(2018年4月18日)
ロイター(4月18日付)が複数の消息筋の話として伝えたところによると、ダマスカス郊外県東グータ地方ドゥーマー市で7日に発生した塩素ガス使用疑惑事件を調査するためにドゥーマー市入りしようとしていた化学兵器禁止機関(OPCW ...
http://syriaarabspring.info/?p=48513

■モロッコ外務省高官「米軍撤退に合わせてシリアに部隊を派遣する計画はない」(2018年4月18日)
モロッコのヤウム24・サイト(4月18日付)は、ドナルド・トランプ米大統領が、米軍の撤退に合わせて、アラブ諸国にシリアに部隊を派遣するよう要請しているとの報道に関して、モロッコ外務省の複数高官が「そうした計画は提起されて ...
http://syriaarabspring.info/?p=48515

■シャアバーン統領府政治報道補佐官「違法な占領を行う米国が別の国に対してシリアを占領するよう要請するというのは奇異」(2018年4月18日)
ブサイナ・シャアバーン統領府政治報道補佐官は、ドナルド・トランプ米政権が米軍撤退に向け、アラブ諸国にシリアへの部隊派遣を要請しているとの『ウォール・ストリート・ジャーナル』(4月16日付)の報道に関して、RT(4月18日 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48517

■トルコ外務省はアフリーンからのトルコ軍撤退を求めたアラブ連盟首脳会議を非難(2018年4月18日)
トルコ外務省報道官は、サウジアラビアのダーランで16日に閉幕したアラブ連盟首脳会議で、トルコに対してアレッポ県アフリーン郡から撤退するよう呼びかけられたことに関して、「トルコはシリア危機当初から、流血を止め、暴力に歯止め ...
http://syriaarabspring.info/?p=48519

■ミッチェル米国務次官補「必要が生じたら、シリアでロシアに武力を行使する用意がある」(2018年4月18日)
ウェス・ミッチェル米国務次官補(ヨーロッパ・ユーラシア担当)は議会で「シリアでロシアと対決したくはない…。だが、必要が生じたら武力を行使する用意はある」と述べた。 ミッチェル国務次官補は「ロシアはシリアに居座り、シリアを ...
http://syriaarabspring.info/?p=48521

■ホワイト・ヘルメットのサーリフ代表「ドゥーマー市での化学兵器攻撃の犠牲者の埋葬場所を調査委員会に伝えた。遺体の身元を明らかにし、死亡を記録する時間的余裕はなかった」(2018年4月18日)
トルコで暮らすホワイト・ヘルメット代表のラーイド・サーリフ氏は、4月7日に発生した塩素ガス使用疑惑事件の被害者を埋葬した場所を含む「すべての情報を調査委員会に開示した」ことを明らかにした旨、ロイター(4月18日付)の取材 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48523

■ベルギーの3社がOPCWが無許可での提供を禁じている化学物質をシリアに供与(2018年4月19日)
ベルギー財務省報道官は、『ハヤート』(4月19日付)の取材に対して、同国の3企業が2014年から2016年にかけて、化学兵器禁止機関(OPCW)が定める事前認可を受けず、サリン・ガスの精製で使用される化学物質をシリアに提 ...
http://syriaarabspring.info/?p=48525

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44676)