オーストリア、トルコ系住民への選挙向け政治集会を禁止
2018年04月21日付 Hurriyet紙


オーストリアのセバスティアン・クルツ首相は、6月24日に予定されているトルコの国政選挙について、オーストリア国内での活動を認めないと述べた。

クルツ首相は昨日、オーストリア放送協会の放送で会見を行い、トルコで予定されている大統領選挙・国民議会選挙に関するオーストリア国内での活動を望んでいないと明らかにした。

クルツ首相は、「もしもトルコが今回もオーストリア国内でこのような活動を計画しているのならば、以下のことを明言しておく。このような活動はここでは望まれておらず、我々はこれを認めない」と述べた。

クルツ首相は、集会を行う権利について昨年改訂が行われ、第三国の国民に利益をもたらす政治的活動を禁止する権利が盛り込まれていると述べた。

オーストリアには、トルコにルーツを持つ人が36万人居住しており、そのうち11万7千人がトルコ国籍を保持している。

オーストリアでは、クルツ首相の国民党と極右の自由党が連立して政権を担っている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:神谷亮平)
(記事ID:44680)