シリア:シリア軍はダーイシュとシャーム解放委員会が活動を続けるヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、ハジャル・アスワド市への攻撃を続ける
2018年04月23日付 その他紙


■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは2件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2018年4月22日))
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(4月22日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を2件(ラタキア県)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも1件(ハマー県)の停戦違反を確認したという。 ほとんどの ...
http://syriaarabspring.info/?p=48629

■アサド大統領はパキスタン新大使の信任状捧呈式に出席(2018年4月22日)
アサド大統領は首都ダマスカスにある人民宮殿で、シリアに新たに着任したパキスタンのラーシド・カマール大使の信任状捧呈式に出席した。 SANA(4月22日付)が伝えた。
http://syriaarabspring.info/?p=48631

■シリア軍はダーイシュとシャーム解放委員会が活動を続けるヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、ハジャル・アスワド市への攻撃を続ける(2018年4月22日)
ダマスカス県・ダマスカス郊外県では、SANA(4月22日付)によると、シリア軍がヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、ハジャル・アスワド市にあるダーイシュ(イスラーム国)、シャーム解放委員会の拠点に対する爆撃・砲撃を継続し ...
http://syriaarabspring.info/?p=48640

■東カラムーン地方(ダマスカス郊外県)からの反体制武装集団の退去続く(2018年4月22日)
ダマスカス郊外県では、SANA(4月22日付)によると、東カラームーン地方のルハイバ市、ジャイルード市、ナースィリーヤ村で活動を続けてきた反体制武装集団の戦闘員と家族が、前日に引き続き、シリア政府によって用意された大型バ ...
http://syriaarabspring.info/?p=48642

■反体制武装集団が退去した東カラムーン地方のシリア軍拠点をダーイシュが奇襲(2018年4月22日)
ドゥラル・シャーミーヤ(4月22日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が、反体制武装集団が退去を続けている東カラムーン地方のシリア軍拠点複数カ所を奇襲し、ビイル・アファーイー地区、マンクーラ地区、サフラ地区、ズバイダ ...
http://syriaarabspring.info/?p=48644

■シリア軍がヒムス県北部の反体制武装集団への攻撃を再開(2018年4月22日)
ヒムス県で、『ハヤート』(4月22日付)によると、県北部でシリア軍が反体制武装集団に対する攻撃を再開した。 攻撃は、ラスタン市の処遇などをめぐる「ヒムス県北部とハマー県南部の交渉委員会」とロシアの停戦交渉が決裂したことを ...
http://syriaarabspring.info/?p=48646

■トルコのエルドアン大統領「トルコの脅威はPKKを支援する米国によってまずもたらされている」(2018年4月22日)
トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、NTVハベル(4月22日付)とのインタビューで、「我が国にとっての脅威はまず、米国によってもたらされている。なぜなら米国はシリア北部でクルディスタン労働者党(PKK)に ...
http://syriaarabspring.info/?p=48648

■エジプトのスィースィー大統領はフランスのマクロン大統領との電話会談で米英仏のシリア攻撃を非難(2018年4月22日)
エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領と電話会談を行った。 エジプト大統領府によると、会談でスィースィー大統領は、14日の米英仏のシリア攻撃に関して、「シリア情勢に ...
http://syriaarabspring.info/?p=48650

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44696)