シリア:シリア政府は首都ダマスカス南部のヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ一帯から戦闘員を退去させることでダーイシュと合意
2018年05月20日付 その他紙


■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは3件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2018年5月19日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月19日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を3件(アレッポ県2件、ラタキア県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも1件(ハマー県)の停戦違反を確認した … → 記事

■シリア政府は首都ダマスカス南部のヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ一帯から戦闘員を退去させることでダーイシュと合意(2018年5月19日)
RT(5月19日付)は、シリア軍がダマスカス県ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、ダマスカス郊外県ハジャル・アスワド市で活動を続ける戦闘員とその家族の退去を骨子とする一時停戦合意を同地のダーイシュ(イスラーム国)と交わし … → 記事

■アル=カーイダ系のシャーム解放委員会はイドリブ市中心街で、爆破、暗殺事件に関与していたとされる4人を公開処刑(2018年5月19日)
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月19日付)によると、シャーム解放委員会がイドリブ市中心街の時計広場で4人を公開処刑した。 処刑された4人は、マアッラトミスリーン市、イドリブ市での爆破、暗殺事件に関与していたと … → 記事

■イスラエル軍は占領下ゴラン高原からクナイトラ県のヒズブッラー拠点を砲撃、反体制武装集団もバアス市などを砲撃(2018年5月19日)
クナイトラ県では、アナトリア通信(5月19日付)によると、占領下ゴラン高原に展開するイスラエル軍戦車部隊がハムル丘にあるヒズブッラーの拠点複数カ所を砲撃した、と伝えた。 一方、SANA(5月19日付)によると、反体制武装 … → 記事

■ロシアのラヴレンチエフ特使「プーチン大統領は米国、トルコ、ヒズブッラー、イランがシリアから撤退すべきだと述べた」(2018年5月19日)
アスタナ会議でロシア代表団を率いるアレクサンデル・ラヴレンチエフ・シリア問題担当大統領特使は、17日にソチを電撃訪問したアサド大統領と会談したヴラジミール・プーチン大統領が「シリア領内すべての外国軍が撤退すべきだと」と述 … → 記事

■ジハード中隊を名乗る武装集団が18日のハマー航空基地での爆発への関与を認める(2018年5月19日)
ハマー県のハマー航空基地で18日に発生した爆発に関して、ジハード中隊を名乗る武装集団が犯行声明を出した。 声明によると、爆発は、航空基地内の武器弾薬庫とケロシン倉庫に仕掛けた爆弾によるもので、攻撃は「シャームのくにのイス … → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44698)