シリア:トルコ軍はシリア領内の監視所設置を完了、ロシア・シリア両軍はイドリブ県への爆撃を停止
2018年05月22日付 その他紙


■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2018年5月21日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月21日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件(アレッポ県)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも3件(アレッポ県2件、ハマー県1件)の停戦違反を確認した ... → 記事

■シリア政府はダーイシュの支配下にあったヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、ハジャル・アスワド市を解放し、首都ダマスカスおよびダマスカス郊外県全域を制圧(2018年5月21日)
ダマスカス郊外県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月21日付)が複数の地元消息筋の話として伝えたによると、ハジャル・アスワド市、ダマスカス県ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、タダームン区で活動を続けてきたダーイシュ(イス ... → 記事

■ANHAはダマスカス郊外県東グータ地方、東カラムーン地方、ヒムス県北部から退去した反体制武装集団戦闘員とその家族のアフリーン郡内の定住先の詳細を発表(2018年5月21日)
ANHA(5月21日付)は、ロシアの仲介によるシリア政府と反体制武装集団の合意に基づき、ダマスカス郊外県東グータ地方(ドゥーマー市など)、東カラムーン地方(ドゥマイル市など)、ムアダミーヤト・シャーム市、ビビーラー市、ヒ ... → 記事

■ロシア軍はラタキア県フマイミーム航空基地に接近を試みた無人航空機1機を撃墜(2018年5月21日)
ロシア国防省は声明を出し、シリア駐留ロシア軍司令部に設置されているラタキア県フマイミーム航空基地に接近を試みた無人航空機1機を撃墜したと発表した。 → 記事

■ダイル・ザウル県で米仏がシリア民主軍とともにダーイシュ掃討戦を続けるなか、ハサカ県で米軍兵士3人殺害か?(2018年5月21日)
ハサカ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月21日付)が複数の地元消息筋の話として伝えたところによると、有志連合を主導する米軍の車列がラクバ村近郊の街道(ハサカ市・タッル・タムル町街道)で襲撃を受け、兵士3人が死亡、2人が ... → 記事

■ダマスカス国際空港近くの「イランの作戦司令室」などで爆発が発生(2018年5月21日)
ダマスカス郊外県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月21日付)によると、ダマスカス国際空港に近いナフジャー村で大きな爆発が複数回にわたって発生した。 同サイトによると、爆発が発生したのは「サイバー戦争局に設置されたイランの ... → 記事

■イラン外務省のカーセミー報道官は、シリアからのイランの撤退を求めるロシアに反発(2018年5月21日)
イラン外務省のブラハーム・カーセミー報道官は、17日にソチを電撃訪問したアサド大統領と会談したヴラジミール・プーチン大統領が「シリア領内すべての外国軍が撤退すべきだと」と述べたことに関して、定例記者会見で「イランに何らか ... → 記事

■シリア軍とYPGに村人が殺害されたことに抗議し、アレッポ県ジャンディールス村の住民がシリア軍検問所を襲撃(2018年5月21日)
アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月21日付)によると、アフリーン郡に対するトルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団による「オリーブの枝」作戦を受けて、シリア政府支配地域に避難したジャンディールス村の住民が、バイ ... → 記事

■ポンペオ米国務長官は「イランに前例のない圧力をかける」と宣言、核ミサイル開発中止のほか、シリアからの撤退などを求める(2018年5月21日)
マイク・ポンペオ米国務長官は、ワシントンDCで対イラン戦略に関する演説を行った。 ドナルド・トランプ米大統領が8日にイラン核合意からの離脱を表明したのを受けたもので、「イランに前例のない圧力をかける」と宣言したうえで、イ ... → 記事

■トルコ軍はシリア領内の監視所設置を完了、ロシア・シリア両軍はイドリブ県への爆撃を停止(2018年5月21日)
イドリブ県では、『ハヤート』(5月22日付)によると、アスタナ9会議を受けるかたちで、トルコ軍の車列がシリア領内に進入、トルコ軍監視所が設置されている県南部に向かった。 トルコ軍はシリア領内に監視所12カ所の設置を完了し ... → 記事

■ダイル・ザウル県南東部でダーイシュがシリア軍と交戦(2018年5月21日)
ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、マヤーディーン市近郊とクーリーヤ市の砂漠地帯でダーイシュ(イスラーム国)がシリア軍を襲撃し、戦闘となり、ダーイシュ戦闘員6人とシリア軍兵士4人が死亡した。 → 記事

■シリア軍が反体制派支配下のダルアー市を砲撃する一方、ダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍がヤルムーク川河畔地域に進攻した反体制派を撃退(2018年5月21日)
ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が、ダルアー市内の反体制武装集団支配地域を砲撃した。 一方、『ハヤート』(5月22日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍が、ヤル ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44740)