シリア:政府軍はヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、ハジャル・アスワド市のダーイシュ支配地域を南北に二分
2018年05月04日付 その他紙


■シリア軍はヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ、ハジャル・アスワド市のダーイシュ支配地域を南北に二分(2018年5月3日)
ダマスカス県・ダマスカス郊外県では、SANA(5月3日付)によると、シリア軍がハジャル・アスワド市一帯にあるダーイシュ(イスラーム国)の拠点に対する爆撃・砲撃を継続、同地のダーイシュ支配地域(ヤルムーク・パレスチナ難民キ …
http://syriaarabspring.info/?p=48932

■ヒムス県北部とハマー県南部の反体制武装集団がロシア仲介の停戦合意に基づき重火器を引き渡す一方、米国の支援を受けてきた「穏健な反体制派」は合意を拒否(2018年5月3日)
SANA(5月3日付)によると、1日にロシアの仲介で交わされたシリア政府とヒムス県北部・ハマー県南部の反体制武装集団の停戦合意が正式に発効した。 これを受け、武装集団が重火器、中火器の引き渡しを開始するとともに、シリア軍 …
http://syriaarabspring.info/?p=48944

■ヤルダー市、ビビーラー市、バイト・サフム市で活動を続けてきた反体制武装集団の戦闘員とその家族がトルコの実質占領下のアレッポ県北部に退去(2018年5月3日)
ダマスカス郊外県では、SANA(5月3日付)によると、ヤルダー市、ビビーラー市、バイト・サフム市で活動を続けてきた反体制武装集団の戦闘員とその家族が、シリア政府によって準備された大型バス32台に分乗し、トルコの実質占領下 …
http://syriaarabspring.info/?p=48946

■英国はシリア領内でのダーイシュに対する空爆で民間人を殺害したことを初めて認める(2018年5月3日)
『ガーディアン』(5月3日付)は、英国のギャビン・ウィリアムソン国防大臣が、シリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)拠点に対する英空軍の爆撃により、民間人1人が死亡したことを認め、深い懸念の意を表明したと伝えた。 ウィリ …
http://syriaarabspring.info/?p=48948

■ラタキア県のフマイミーム航空基地を離陸したロシア空軍のSu-30SM戦闘機1機がエンジン・トラブルで地中海に墜落(2018年5月3日)
ロシア外務省は声明を出し、ラタキア県のフマイミーム航空基地を離陸したロシア空軍のSu-30SM戦闘機1機が、ジャブラ市沖の地中海に墜落し、パイロット2人が死亡したと発表した。 エンジン・トラブルが原因だと思われるという。 …
http://syriaarabspring.info/?p=48950

■イスラーム軍のアッルーシュ政治局長が辞意を表明(2018年5月3日)
ダマスカス郊外県東グータ地方ドゥーマー市一帯で活動を続けてきたイスラーム軍のムハンマド・アッルーシュ政治局長は、ツイッターのアカウントを通じて声明を出し、辞意を表明した。
http://syriaarabspring.info/?p=48952

■ロシア軍憲兵隊がイドリブ県東部の3カ所に展開(2018年5月3日)
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月3日付)が複数の活動家の話として伝えたところによると、ロシア軍憲兵隊が県東部を南北に横切る鉄道路線の東側の3カ所に展開した。 ロシア軍憲兵隊が展開したのは、アブー・ダーリームラ …
http://syriaarabspring.info/?p=48954

■ロシアのラヴロフ外務大臣がヨルダンのサファディー外務大臣が会談:タンフ国境通行所、ラクバーン難民キャンプでの有志連合の反体制派支援を非難(2018年5月3日)
ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、ヨルダンのアイマン・サファディー外務大臣とソチで会談した。 『ハヤート』(5月4日付)によると、会談後の共同記者会見で、ラヴロフ外務大臣は、有志連合を主導する米国が占領するヒムス県タ …
http://syriaarabspring.info/?p=48956

■スプートニク・ニュース:YPG主体のシリア民主軍支配下のダイル・ザウル県東部ジャフラ油田で、米CIAが参加したかたちで、シリア軍による犯行と見せかけた新たな化学兵器攻撃が準備されている(2018年5月3日)
ロシアのスプートニク・ニュース(5月3日付)は、シリアの諜報機関とつながりのある消息筋の話として、米CIAが参加したかたちで、シリア軍による犯行と見せかけた新たな化学兵器攻撃が準備されていると伝えた。 この攻撃は、西クル …
http://syriaarabspring.info/?p=48958

■OPCW調査チームはドゥーマー市での化学兵器攻撃で死亡したとされる犠牲者の遺体の持ち出しを決定(2018年5月3日)
ダマスカス郊外県東グータ地方のドゥーマー市で4月に発生した化学兵器(塩素ガス)使用疑惑事件の調査を行っている化学兵器禁止機関(OPCW)の調査チームは、化学兵器(塩素ガス)使用によって死亡したとされる犠牲者の遺体を搬出す …
http://syriaarabspring.info/?p=48960

■ダーイシュとシャーム解放委員会支配下のヤルムーク・パレスチナ難民キャンプから逃走しようとしたパレスチナ人60人をシリア軍が拘束(2018年5月3日)
『ハヤート』(5月4日付)は、ダーイシュ(イスラーム国)やシャーム解放委員会が活動を続けるダマスカス県ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプから逃走しようとしたパレスチナ人約60人をシリア軍が拘束した、と伝えた。 拘束された …
http://syriaarabspring.info/?p=48962

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2018年5月3日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月3日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を5件(ラタキア県3件、アレッポ県1件、ヒムス県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも3件(ハマー県)の停戦違 …
http://syriaarabspring.info/?p=4880

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44756)