アルメニアをアジェムオールが救う
2018年05月14日付 Hurriyet紙

世界でも有数の経済学者で、アルメニアにルーツを持つトルコ人経済学者ダロン・アジェムオール氏は、アルメニアの経済を救うために準備している。アルメニアの新首相ニコル・パシニャンは、世界的に著名な経済学者アジェムオール氏を招待して、アルメニア経済の再建するため協力を求めたという。

パシニャン・アジェムオウル首相は、アジェムオールが協力に前向きであると発表したフェイスブックのメッセージで次のように述べた。「アルメニア民族の中で世界的に有名な経済学者ダロン・アジェムオール氏と話した。彼は、アルメニアの経済発展を支援する準備があると述べた。アジェムオール氏は、アルメニアを訪問する準備があるとも述べた。明確な日程はこの先、判明しよう。」

■10人経済学者のうちの一人

世界で最も引用される10人の経済学者のうちの一人であるアジェムオール氏は、アメリカのマサチューセッツ工科大学で経済学の教授。2012年にハーバード大学のジェイムス・A・ロビンソンと共同で執筆した『国家の衰退』という名の本では大きな議論を引き起こし、ローマ帝国からマヤ文明、中世ベネティアから現代アメリカまで15年間にわたる研究により、民主主義諸組織の経済的な繁栄への貢献を明らかにした。様々な賞を受賞しているアジェムオール氏は、 2005年にジョン・ベイツ・クラーク賞を受賞した。アジェムオール氏は、2013年に大統領府文化芸術大賞の中の社会科学部門で受賞した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:新井慧)
(記事ID:44788)