シリア:ダルアー県各所からヒズブッラー、イラン・イスラーム革命防衛隊ゴドス軍団などが撤退し、代わって政府軍が進駐
2018年05月23日付 その他紙


■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2018年5月22日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月22日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を4件(アレッポ県)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも1件(ハマー県)の停戦違反を確認したという。 → 記事

■ダーイシュの支配から解放されたヤルムーク・パレスチナ難民キャンプとハジャル・アスワド市にシリア国旗が掲揚される、退去したダーイシュ戦闘員とその家族約600人はシリア東部の砂漠地帯に到着(2018年5月22日)
ダマスカス県・ダマスカス郊外県では、SANA(5月22日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員とその家族が退去し、シリア軍によって解放されたヤルムーク・パレスチナ難民キャンプとハジャル・アスワド市に、内務治安部隊 ... → 記事

■トルコの支援を受けるシャーム自由人イスラーム運動とヌールッディーン・ザンキー運動がクルド人が多く住むアレッポ市シャイフ・マクスード地区を砲撃(2018年5月22日)
アレッポ県では、ANHA(5月22日付)によると、トルコの支援を受ける反体制武装集団が、カフルハムラ村からアレッポ市北西部のシャイフ・マクスード地区を砲撃し、女性1人を含む住民3人が負傷した。 ... → 記事

■ダルアー県各所からヒズブッラー、イラン・イスラーム革命防衛隊ゴドス軍団などが撤退し、代わってシリア軍が進駐(2018年5月22日)
アナトリア通信(5月22日付)は、レバノンのヒズブッラー、イラン・イスラーム革命防衛隊ゴドス軍団、イラン・イスラーム革命防衛隊の支援を受けるファーティミーユーン旅団といった民兵組織が、ダルアー県のダルアー市、アトマーン村 ... → 記事

■ダーイシュがヒムス県東部のT3近郊のシリア軍拠点を襲撃し、シリア軍兵士、イラン人多数死亡(2018年5月22日)
アナトリア通信(5月22日付)は、レバノンのヒズブッラー、イラン・イスラーム革命防衛隊ゴドス軍団、イラン・イスラーム革命防衛隊の支援を受けるファーティミーユーン旅団といった民兵組織が、ダルアー県のダルアー市、アトマーン村 ... → 記事

■イスラエル空軍司令官「イスラエルは中東でF-35ステルス戦闘機を実戦投入した最初の国となった、すでに2回攻撃を行っている」(2018年5月22日)
イスラエル空軍司令官のアミカム・ノルキン中将は、ヘルツェリアで開催されたイスラエル空軍の会議で、米国製の最新鋭ステルス戦闘機F-35を世界で初めて実戦投入していたことを明らかにした。 ノルキン中将は「我々は中東全域でF- ... → 記事

■YPG主体のシリア民主軍はイラク国境地帯に監視塔、土塁を建設(2018年5月22日)#シリア #クルド #イスラーム国
ダイル・ザウル県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月22日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍がイラクとの国境地帯に監視塔や土塁を多数建設した。 → 記事

■ロジャヴァ支配下の住民はロジャヴァとシリア政府の「二重課税」に苦しむ(2018年5月23日)
『ハヤート』(5月23日付)は、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)支配下が、ロジャヴァとシリア政府の「二重課税」の負担で喘いでいると伝えた。 ロジャバとシリア政府が分割統治(共同統治)するカーミシュリー市の中心街 ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44820)