シリア:緊張緩和地帯とシリア政府支配地域を隔てる境界地帯に、ロシアは10カ所、トルコは12カ所、そしてイランは7カ所の監視所
2018年05月24日付 その他紙


■イドリブ県でトルコの支援を受けるシャーム軍団の検問所が何者かの襲撃を受け、2人死亡(2018年5月22日)
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月23日付)によると、タッルアーダ村近郊で、トルコの支援を受けるシャーム軍団の検問所が何者かの襲撃を受け、同軍団の戦闘員2人が殺害された。 → 記事

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2018年5月23日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月23日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を4件(アレッポ県)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも1件(イドリブ県)の停戦違反を確認したという。 → 記事

■ロシア軍参謀本部:緊張緩和地帯とシリア政府支配地域を隔てる境界地帯に、ロシアは10カ所、トルコは12カ所、そしてイランは7カ所の監視所(2018年5月23日)
ロシア軍参謀本部機動総局のセルゲイ・ルドスコイ局長はモスクワの国防省で記者会見を開き、シリア情勢の進捗についての説明を行った。 ... → 記事

■ロシアのラヴレンチエフ・シリア問題担当大統領特使がアサド大統領と会談し、復興や政治プロセスにロシアがこれまで以上に参加する意向だと伝える(2018年5月23日)
アレクサンデル・ラヴレンチエフ・シリア問題担当大統領特使(アスタナ会議のロシア代表団長)がシリアを訪問し、アサド大統領と会談した。 ... → 記事

■ダイル・ザウル市近郊のユーフラテス川左岸のシリア軍拠点を米主導の有志連合とYPG主体のシリア民主軍が激しく爆撃・砲撃(2018年5月23日)
ダイル・ザウル県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月23日付)によると、米主導の有志連合が22日晩、シリア政府の支配下にあるアイヤーシュ村、ブガイリーヤ村にあるシリア軍と親政権民兵(イランの民兵)の拠点を爆撃した。 『ハヤ ... → 記事

■イランの航空機が12イマーム派が住むフーア市、カファルヤー町に物資を投下(2018年5月23日)
シリア軍およびその同盟勢力の軍事攻勢を分析するサイト「ノールス研究センター」は、テレグラムのアカウントを通じて、イランの航空機が、シャーム解放委員会が主導する反体制派の包囲を受けているイドリブ県フーア市とカファルヤー町に ... → 記事

■前日に続いて、トルコの支援を受けるシャーム軍団のメンバーがイドリブ県で暗殺される(2018年5月23日)
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月23日付)によると、イドリブ市とマアッラトミスリーン市を結ぶ街道で、トルコの支援を受けるシャーム軍団の車輌が爆弾の爆発に巻き込まれ、戦闘員3人が死亡した。 なお、22日には、タ ... → 記事

■ミクダード外務在外居住者副大臣「ヒズブッラーやイラン・イスラーム革命防衛隊が撤退するか残留するかは、シリア政府のみにかかわる問題」(2018年5月23日)
ファイサル・ミクダード外務在外居住者副大臣は、スプートニク(5月22日付)のインタビューに応じて、そのなかで、レバノンのヒズブッラーやイラン・イスラーム革命防衛隊の処遇に関して「この問題(ヒズブッラーやイラン・イスラーム ... → 記事

■シャーム軍団に護衛されたトルコ軍部隊がシリア領内の監視所に向かうなか、トルコ諜報機関はYPGとの内通が疑われる第23師団を排除(2018年5月23日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、重火器を装備したシャーム軍団の車輌複数台に護衛され、トルコ軍の車輌30台あまりが、カフルルースィーン村に設置された通行上からシリア領内に進入し、シャフシャブー山やハマー県ムーリク ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44821)