イスタンブル新国際空港、その巨大さへの対応策は?
2018年05月26日付 Hurriyet紙


10月29日に第一段階がオープンするイスタンブル新空港は非常に大きく、143の旅客ゲートの端から端までの距離はタクスィム・シシュリ間の距離に達する1キロ800メートルも歩くほどの距離になる。巨大な空港で航空機の搭乗口の変更することで旅客機に乗り遅れるリスクを回避するために、IGA(イスタンブル新空港)は一連の措置を講じる。旅行者が見るフライトインフォメーションモニターでは、ゲートへ歩行距離のフライトについて通知される。

イスタンブル新空港に向け、すでにカウントダウンが始まっており、搭乗カウンタービルの建設も完成目前だ。10月29日にオープンする予定のイスタンブル新空港について、交通海事通信省のアフメト・アルスラン大臣は新空港について驚くべき情報をもたらし、次のように話した。

「大規模な一つのターミナルビルである。ターミナルには独立した7つの入り口がある。同時に114の飛行機が留まることのできる143のゲートがある。最高レベルの情報通信技術が使用される。の結果、いかなる障害やいかなる欠陥も発生せず、空港で旅客を、向かう飛行機、向かうゲートへさらに短い時間で連れていくことが出来る。これは本当に目覚ましい働きである。これも私たちの満足の他の指標だ。」

■最初は1時間に80便が就航する

イスタンブル新空港の規模について述べたアルスラン大臣は、次のように話した。

「我々はアタテュルク空港で1時間に70便が就航している。イスタンブル新空港では最初はすぐに1時間に到着便40便、出発便40便を含む80便と、第2段階で120便が就航できる。

アタテュルク空港との違いは、滑走路に同時に航空機が着陸することができることだ。貨物エリアだけでフットボール場約240個分の大きさに相当する400,000平方メートルを有する。貨物容量は550万トンになるだろう。」

■IGAで発着ゲートの変更についての予防措置

巨大なターミナルビルを持つことになるイスタンブル新空港で端と端のゲートの間は1キロ800メートルの距離があるため、ゲートの変更があった場合に旅客が不利益とならないように予防措置をした。

これについてデータ活用システムが用いられる。システムのお陰で全ての資源データが自動的に操作される。特に、データ計画システムは、ゲートの変更を減らすために非常に重要であると述べられている。

イスタンブル新空港がオープンすると1日あたり約1500と計画されたフライトが計画通的に管理される。

■モニターに歩行距離も表示される

ターミナルの建設で旅客通路がある部分には、特にシミュレーションを行って備え付けられたフライトインフォメーションモニターが、乗客のフライトに関するすべての情報を提供する。

これらの情報は次のようなものだ。乗客が見る飛行情報画面のある場所から、飛行機のいる「ゲート」までの歩行距離、飛行の遅延情報、ゲートの変更内容などのすべての詳細が乗客の注意を引くように映し出される。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:尾形知恵)
(記事ID:44835)