シリア:レバノンからシリア難民が帰還を開始する一方、戦闘が激化するダルアー県住民はヨルダンでなくシリア国内で避難
2018年06月29日付 その他紙


■米主導の有志連合はシリア・イラク空爆に関する調査で新に民間人62人が「意図せず死亡した」ことを確認したと発表(2018年6月28日)
 → 記事

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは3件の停戦違反を、トルコ側は0件の違反を確認(2018年6月28日)
 → 記事

■レバノンで避難生活を送ってきたシリア難民がダマスカス郊外県カラムーン地方への帰還を開始(2018年6月28日)
 → 記事

■シリア軍がブーカマール市郊外の国境地帯に進攻したダーイシュを撃退(2018年6月28日)
 → 記事

■反体制派支配地域から住民約160人が安全人道回廊を通じてシリア政府支配地域に退避(2018年6月28日)
 → 記事

■ダルアー県でロシア・シリア両軍の攻撃続く(2018年6月28日)
 → 記事

■トルコが実質占領するアレッポ県北部で反体制武装集団どうしが交戦(2018年6月28日)
 → 記事

■ロシアのプーチン大統領「この数日で戦闘機13機、ヘリコプター14機、兵員1,140人をシリアから撤退させた」(2018年6月28日)
 → 記事

■イドリブ県でアル=カーイダがダーイシュテロ細胞摘発を強化(2018年6月28日)
 → 記事

■国連人道問題緊急援助調整官はダルアー県での戦闘停止を呼びかける一方、UNHCRヨルダン事務所はヨルダンへの難民の流入はないと発表(2018年6月28日)
 → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44856)