フェネルバフチェ会長選挙、アリ・コチ勝利―ユルドゥルム氏破る
2018年06月05日付 Milliyet紙


フェネルバフチェの会長となり、子供時代の夢を叶えたアリ・コチ氏は、会長選の日、勝利の後会員たちの間に駆け寄る一方、その後喜びを現してロッジへ移った。

フェネルバフチェの会長となり、子供時代の夢を叶えたアリ・コチ氏は、会長選の日、勝利の後会員たちの間に駆け寄る一方、その後喜びを現してロッジへ移った。そこで1日着続けたシャツを脱ぎ一息ついた氏は、家族、友人、支援者とともにたっぷりお祝いをした。その際に、勝利会見のために少し準備をした。

支援者と幹部とともに演壇に上がったコチ氏は、まず最初に数時間外で待っていたサポーターたちの中に入れないかと探ったが、いまだそうした権限をもたず、代わりにバルコニーで会見を行うことにした。そのため、警備員に連絡しスタジアム遠くで待機させられていたサポーターたちを呼び込んだ。

スタジアムの前で集まった数千ものサポーターに対して声を張るコチ氏は、自分を抑えきれずにバルコニーの上へと登った。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:西山みなみ)
(記事ID:44880)