シリア:YPGは米・トルコがその処遇に関する工程表に合意したマンビジュ市から軍事顧問を撤退させると発表、トルコはマンビジュ市の工程表をラッカ市、コバネ市にも適用すると主張
2018年06月06日付 その他紙


■ダーイシュが米主導の有志連合の占領下にあるヒムス県タンフ国境通行所一帯を攻撃(2018年6月4日)
米主導の有志連合の支援を受ける革命特殊任務軍は声明を出し、米国の実質占領下にあるヒムス県タンフ国境通行所一帯に進攻したダーイシュ(イスラーム国)と交戦、これを撃退したと発表した。 ドゥラル・シャーミーヤ(6月5日付)が伝 ... → 記事

■ダマスカス郊外県で活動していたイスラーム殉教者旅団がトルコの支援を受けシリア北部で活動するシリア・ムスリム同胞団系のシャーム軍団に合流(2018年6月4日)
ダマスカス郊外県ダーライヤー市で活動していたイスラーム殉教者旅団は声明を出し、トルコの支援を受けシリア北部で活動するシリア・ムスリム同胞団系のシャーム軍団に合流すると発表した。 シャーム軍団も声明を出し、イスラーム殉教者 ... → 記事

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは3件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2018年6月5日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(6月5日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を3件(ラタキア県1件、アレッポ県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも2件(ハマー県)の停戦違反を確認したと ... → 記事

■米主導の有志連合はハサカ県南東部の村を爆撃し、女性や子供ら10人を殺害(2018年6月5日)
ハサカ県では、SANA(6月5日付)、『ハヤート』(6月6日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討作戦(「ジャズィーラの嵐」作戦第2段階)を続行する西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍を ... → 記事

■シリア軍はブーカマール市とマヤーディーン市を結ぶ街道(ダイルザウル県南東部)を一時遮断したダーイシュを撃破(2018年6月5日)
ダイル・ザウル県では、SANA(6月5日付)によると、シリア軍が同盟部隊とともに、県南東部ユーフラテス川西岸(右岸)のジャラー村、ハスラート村、サイヤール村一帯に3日と4日に潜入したダーイシュ(イスラーム国)を撃退した。 ... → 記事

■シリア軍はアレッポ県南西部に進攻しようとしたシャーム解放委員会を撃破(2018年6月5日)
アレッポ県では、SANA(6月5日付)によると、シリア軍が同盟部隊とともに、県南西部のハーン・トゥーマーン村一帯の軍事拠点を攻撃しようとしたシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団を撃退した。 → 記事

■YPGは声明を出しマンビジュ市から軍事顧問を撤退させると発表(2018年6月5日)
西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)の総司令部は声明を出し、アレッポ県マンビジュ市でマンビジュ軍事評議会の支援・教練を行ってきたYPG軍事顧問の任務を終了し、同市から撤退させると発表した。 マン ... → 記事

■YPG主体のシリア民主軍報道官「マンビジュ市の処遇にかかる米・トルコの「工程表」の文言を承知していない」(2018年6月5日)
西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍のシャルファーン・ダルウィーシュ報道官は、米国とトルコがマンビジュ市(アレッポ県)の処遇に関する「工程表」に合意したことに関して、「合意の文言について知らされていな ... → 記事

■YPG主体のシリア民主軍の政治母体のシリア民主評議会共同議長「マンビジュ市の処遇にかかる米・トルコの「ダマスカスに使節団を送り、シリア政府と無条件で交渉を行う用意がある」(2018年6月5日)
西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会のイルハーム・アフマド共同議長はマヤーディーン(6月5日付)に対して「ダマスカスに使節団を送り、シリア政府と無条件で交渉を行う用意が ... → 記事

■バスニュース:YPGは米主導の有志連合の圧力を受けてアラブ諸国軍の進駐に同意(2018年6月5日)
バスニュース(6月5日付)は、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)が、米主導の有志連合の圧力を受けて、アラブ諸国(サウジアラビア、UAEなど)の部隊の支配地域への進駐に同意したと伝えた。 アラブ ... → 記事

■YPG主体のシリア民主軍はイラク国境の2カ村、3農場をダーイシュから奪取(2018年6月5日)
ハサカ県では、ANHA(6月5日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍が県南東部でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討戦を継続し、ダシーシャ村、ファッカ村、近郊の3つの農場を制圧、対イラ ... → 記事

■ラッカ市でYPG主体のシリア民主軍の拠点を狙った攻撃が相次ぐ(2018年6月5日)
西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍の広報センターは声明を出し、ラッカ県ラッカ市の技師組合に設置されたシリア民主軍の軍事拠点をダーイシュ(イスラーム国)と思われる武装集団が襲撃、シリア民主軍がこれに応 ... → 記事

■ダルアー県南西部で「抑圧者撃退」作戦司令室とダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍が交戦(2018年6月5日)
ダルアー県では、「抑圧者撃退」作戦司令室が声明を出し、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍がハイト村近郊に進攻、反体制派がこれを撃破したと発表した。 ドゥラル・シャーミーヤ(6月5日付)が伝え ... → 記事

■タルトゥース市でアサド政権を非難するビラが撒かれる(2018年6月5日)
タルトゥース県では、ドゥラル・シャーミーヤ(6月5日付)によると、何者かがビラ数百枚をタルトゥース市内の各所で撒かれ、アサド政権を非難、抗議の意思を示した。 ビラには、「大統領閣下、我々の血はあなたを地位にとどめるために ... → 記事

■ロシアのプーチン大統領「米英仏のシリアへのミサイル攻撃はドゥーマー市での化学兵器使用疑惑に関する客観的な調査を阻止するため」(2018年6月5日)
ロシアのヴラジミール・プーチン大統領は、オーストリアのORF(6月5日付)のインタビューに応じ、そのなかで4月14日の米英仏軍によるシリアへのミサイル攻撃に関して、「爆撃の目的はドゥーマー市での化学兵器使用疑惑に関する客 ... → 記事

■アサド前大統領の生地カルダーハ市(ラタキア県)で大統領の親戚の民兵とシリア軍が激しく交戦(2018年6月5日)
ダマス・ポスト(6月5日付)やマジェスティ・ニュース(6月5日付)など親政権サイトは、ハーフィズ・アサド前大統領の生地であるラタキア県カルダーハ市で、シリア軍と、アサド大統領の親戚のジャアファル・シャーリーシュ氏が率いる ... → 記事

■イスラエルのネタニヤフ首相「イランはシリアで兵力8万からなる軍隊を創設しようとしている」(2018年6月5日)
イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相は、ドイツのアンゲラ・メルケル首相との会談後の記者会見で、「イランはシリアで兵力8万からなる軍隊を創設し、スンナ派を徴兵しようと計画している」と述べた。 ネタニヤフ首相はまた「シリ ... → 記事

■アムネスティ・インターナショナルは米主導の有志連合によるラッカ市攻撃を「戦争犯罪の可能性がある」と指摘、有志連合はこれを否定(2018年6月5日)
アムネスティ・インターナショナルは「Syria: “War of annihilation”: Devastating toll on civilians, Raqqa – Syria」と題した報告書を公表し、米主導の有 ... → 記事

■トルコのチャヴシュオール外務大臣「マンビジュ市の処遇にかかる「工程表」はラッカ市、コバネ市にも適用される」(2018年6月5日)
トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は記者会見で、4日のマイク・ポンペオ国務長官との会談で合意に達したマンビジュ市(アレッポ県)の処遇をめぐる「工程表」に関して「工程表は、クルド人民兵(西クルディスタン移行期民政 ... → 記事

■シャーム解放委員会など支配下にあるイドリブ県の自治を担っているというシリア救国内閣は米国務省によるシャーム解放委員会のテロ組織指定を非難(2018年6月5日)
シャーム解放委員会など反体制武装集団の支配下にあるイドリブ県イドリブ市一帯の自治を担っているというシリア救国内閣は声明を出し、米国務省によるシャーム解放委員会のテロ組織指定を非難した。 声明でシリア救国内閣は「シャーム解 ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44883)