トルコ軍、カンディル制圧へ道路準備中
2018年06月14日付 Hurriyet紙


イラク北部、30キロの奥地まで進軍しているトルコ軍は、工作車、他の装甲車両を運ぶために大型の車両が通過できる道路を準備中である。

戦車、自走榴弾砲、他の装甲車両は重要な地点に展開される。トルコ軍が現在までに設営した11ヶ所の基地に、テロリストの昼夜の行動を監視する目的で、赤外線カメラを搭載した戦車が配備された。作戦の拡大に伴い、国境上にある「指揮所」の数も増え始めた。

指揮所は、国内と地域の情報ネットワークからの報告に沿って新たな軍事行動計画、それに対応した管理運用を行っている。危険な状況になった場合、指揮所はカンディルの作戦にも参加している第2軍司令部との通信を通して、司令部に送られた情報への評価に基づく指示に従って新たな計画を実行する。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:本岡篤也)
(記事ID:44920)