シリア:米国務省次期近東問題担当次官補「シリア駐留はイランが地中海に到達するのを阻止するのが狙い」
2018年06月17日付 その他紙


■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは18件の停戦違反を、トルコ側は0件の違反を確認(2018年6月16日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(6月16日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を18件(アレッポ県1件、ラタキア県14件、ハマー県3件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームは停戦違反を確認しな ... → 記事

■イドリブ県でシャーム解放委員会2人が暗殺未遂に(2018年6月16日)
イドリブ県では、『ハヤート』(6月17日付)によると、トルコ国境に近いダーナー市でシリアのアル=カーイダと目されているシャーム解放委員会の幹部アブー・タイスィール・ブーラード氏の自宅に何者かが仕掛けた爆弾が爆発した。 ブ ... → 記事

■YPG主体のシリア民主軍はハサカ県南東部の1カ村をダーイシュから奪取(2018年6月16日)
ハサカ県では、ANHA(6月16日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がダシーシャ村近郊でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討戦を続け、同村から3キロの地点に位 ... → 記事

■シリアのアル=カーイダ「シャーム解放委員会」と新興のアル=カーイダ「フッラース・ディーン」がイドリブ市内の墓石を破壊か(2018年6月16日)
ドゥラル・シャーミーヤ(6月16日付)は、シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団の支配下にあるイドリブ市(イドリブ県)の墓石が何者かによって破壊されたと伝え、SNSで活動家らが拡散し ... → 記事

■ルダウ・チャンネル:YPGはダーイシュ掃討戦後、アフリーン郡奪還作戦を準備(2018年6月16日)
ルダウ・チャンネル(6月16日付)は、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、アレッポ県北西部のアフリーン郡奪還に向けた大規模軍事作戦を準備していると伝えた。 同サイトによると ... → 記事

■ダーイシュはダイル・ザウル県でパレスチナ人民兵を捕捉(2018年6月16日)
ダイル・ザウル県では、ドゥラル・シャーミーヤ(6月16日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が下バクラス村に展開しているパレスチナ人民兵組織のクドス旅団を攻撃、メンバー3人を捕捉した。 → 記事

■米国務省次期近東問題担当次官補「シリア駐留はイランが地中海に到達するのを阻止するのが狙い」(2018年6月16日)
米国務省近東問題担当次官補に指名されたデヴィッド・シェンカー氏は、米議会上院の外交委員会で証言し、そのなかで「シリア駐留の維持は、イランが地中海への陸橋を確立するのを阻止する狙いがある」と述べた。 米政権高官が、シリア領 ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44938)