Abdulkadir Selvi コラム:選挙一週間前、選挙動向
2018年06月18日付 Hurriyet紙

選挙規則のためアンケートの結果は公表されず、推測もできない。しかし、アンケートが行われていないとは考えてはいけない。

重要な調査機関は、犠牲祭の初日にアンケート調査を完了した。著名な別の機関は、今週中にアンケート調査を完了させるだろう。世間に公表されないアンケート調査をなぜ行うのかと尋ねたところ、「公証人に承認させる」と述べた。国際金融機関は、6月24日以降を予測するためにアンケート調査を行っている。さらに評判だけのために何十億と費やしてアンケートを行っている世論調査機関もある。選挙規則のため、私たちはアンケート結果を公表することができないが、批評することに支障はない。

昨年の4月16日の国民投票の夜、CNNテュルクで、「トルコでは新たな均衡が作られた。51%対49%の均衡であると言える。エルドアンを支持するものとエルドアンに反対するものとも言える。もはや70%が右派、30%が左派という均衡はなくなった」と私は述べた。大統領選挙に関わる[アンケート]結果はこの割合に近づいた。さらに、今少し近づいた。背中にナイフを突きつけられた状態となったと言えるだろう。選挙の冒頭では議会でどのような均衡が生まれるのか関心が向けられていた。最後のストレートに入る中、大統領選挙が一回目で結果が出るか出ないかが重要な状況になった。選挙において二つの政党が獲得する票が、自党の問題のみならず重要な位置を占めるようになった。

1.議員の構成に関して人民の民主主義党(HDP)が足切りライン(10%)を超えられるかどうか。
2.大統領選挙において民族主義者行動党からエルドアンにどれほど票が流れるか。

均衡状態になると、小さな政党が重要な鍵を握った。

■人民の民主主義党の民主主義的プロフィール

選挙が近づくにつれて、浮動票の率は減り、支持が明らかになる。メトロポール調査会社社長のオゼル・センジェルは、票の移動が野党の間で起こったと述べて、「夢想する必要はない」と警告した。センジャル社長は、「野党や野党候補は、元来、大票田である公正発展党支持層から注意に値するほどの票を引き入れることはできない」と述べた。

野党間で票が移動する状況で、大統領選挙ではムハッレム・インジェ、国会議員選挙では人民の民主主義党への関心について言及できる。民主主義のためと人民の民主主義党を支持する言説が前面に出ている。PKK(クルディスタン労働者党:非合法)とHDPが一体であるの考えが支配的である地域では民主主義の「み」の字も許さないことは周知である。

ここ最近スルチで選挙は血にまみれた。これは、PKKとHDPのラインの最初の事件ではない。以前にヴァン県で公正発展党所属のオズアルプ郡副代表アイドゥン・アーヒーは、家が襲撃を受け、子供達が泣き叫ぶ中、外へ引き出された門の前で標的となった。公正発展党ハッキャーリ国会議員候補アフメト・ブダクは殺された。公正発展党所属シュルナク県選出議員メフメト・エミン・ディンダルの弟ラマザン・ディンダルはジズレで射殺された。こうした例を増やすことは可能である。この地域で公正発展党所属でなく共和人民党所属の議員が選出されていたとしても、PKKの態度は同様であっただろう。

民主主義のためと人民の民主主義党に投票する人々は、その行為がいかなる民主主義的政治に収まるのかを問う必要がある。しかし、こうした投票行為を行う者達は、エルドアンへの敵意のために、PKKの殺戮にさえも目をつぶるほどとなっている。

■保守層で問いかけが始まった

ブロック間での票の移動がいわれている。しかし、これはどのくらいの割合で実現しているのか。大統領選挙でエルドアンが得る予定の票は、ある程度民族主義者行動党の支持者が定めると言われている。なぜならば、公正発展党の支持者は党に関してためらいがあったとしても、エルドアンとは問題はない。

大統領選挙において[エルドアンと対立候補との]均衡がごく僅かとなっていることは、保守層の間でエルドアンに関する問いかけをもたらした。エルドアンがエルサレムを筆頭にイスラム世界の問題について行った闘い、国内ではスカーフ着用の禁止解除、学校で預言者の生涯とクルアーンの授業を導入、軍後見体制を弱め[2015年]7月15日クーデターに対して行った勇気ある闘いが再度話題とされている。「警告を発しようという中で、度を超すことがないよう。オザルを警告しようという中で、現状維持派が勝利を収めた。我が国は90年代のような地獄に入った。2月28日に類する事件が起こった。公正発展党を警告しようと言う中で、国は混乱状況に引き込まれうる」との論評が増え始めた。最終週に入る中、「第二のエルドアンはいない」という言葉は保守層の間でパスワードに変わった。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:新井慧)
(記事ID:44944)