パレスチナ:ガザ危機を複雑化させる多様な利害関係者(3)
2018年06月17日付 al-Hayat紙


■ガザ危機、影響を与える多様な当事者利害関係者の多様化が解決を複雑化(3)

【ラーマッラー、ガザ:ムハンマド・ユーニス】

一方、ガザ地区の第4の利害関係者に影響を与える第四の当事者は、エジプトである。同国は、ガザ地区がイスラエルは以外に別として、国境を接する外側に同地区との境界を有する唯一の国だ。家である。エジプト政府当局は、同地区との間の検問所の開放には、この検問所に正式なパレスチナ政権政府が存在する必要がある、と述べたる。

また、マラデノフ氏は先週、カイロを訪問した。これは、パレスチナ政府が再びガザを支配することを容認するための和解のテーブルに「ハマース」とパレスチナ政府当局をもう一度着かせる戻すことについてを検討するためだ。し、パレスチナ政府が再びガザを支配することを容認するためである。同氏は、和解がは、「ガザ危機の解決がにおいて進展する唯一の手段」であると述べた。しかし、当局パレスチナ政府は「ハマース」とのパートナーシップ協力を拒絶し、完全な形でのに同ガザ地区の支配権政権をの移譲に掌握しようと固執しており、いる。そして、このことが合意形成に至るのを妨げている。

一方、ガザ地区のすべての利害関係者に影響を与えるこれらの当事者全てを満足させる合意形成への到達が頓挫する難航する中でのを前に、パレスチナ系アメリカの人学者であるのアドナーン・マジュリー教授は、これらの当事者全てと協力した共通の国土土地の創出設に基づく、解決に向けたのためのイニシアチブを発表提出した。

同氏は本紙への声明で、ガザ地区のさまざまな利害関係者に影響を与える様々な当事者、とりわけ「ハマース」、パレスチナ政府当局、国連、米政府政権との会談を行い、、一連の会合を開催した。ガザ危機に対して実現可能な解決策は、様々な当事者の利益を満たすようなに呼応する、道筋が明確な分かりやすいロードマップを策定することで見出されるかもしれない、と結論付けた。すことに隠れている。さらに、「ある当事者が、他の当事者とうまくやることはできない。そのためしかし、当局パレスチナ政府とハマース間、ハマースとイスラエル間、ハマースとエジプト間でそれぞれ両者の利益が一致する形態を見出すことがならできるかもしれない。可能である。そしてこのことは、ガザ地区に新たな現状が生み出される現実を創る道を拓開く」と結論づけた付け加えた。

(4)に続く

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:藤木郁理)
(記事ID:44947)