ヨルダン:国境警備隊が越境を試みたシリア人避難民に発砲
2018年07月01日付 その他紙


■イスラエルのリーベルマン国防大臣「領内へのシリア難民の入国は認めない」(2018年6月29日)
イスラエルのアヴィグドール・リーベルマン国防大臣はツイッターのアカウントで「自国領へのいかなるシリア難民の入国も認めない」と綴った。 אנחנו ... → 記事

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは9件の停戦違反を、トルコ側は0件の違反を確認(2018年6月30日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(6月29日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を9件(アレッポ県6件、ラタキア県3件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームは停戦違反を確認しなかった。 → 記事

■シリア軍はシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団との戦闘の末、ダルアー県西ガーリヤ村を制圧(2018年6月30日)
ダルアー県では、SANA(6月30日付)によると、シリア軍が西ガーリヤ村でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団(南部中央作戦司令室)の掃討を完了し、同地を制圧、地雷・爆発物を撤去した。 シリア軍はまた、ダルアー市 ... → 記事

■ダルアー県での停戦に向けてロシアの使節団と武装集団が交渉するも決裂(2018年6月30日)
シリア人権監視団などによると、ダルアー県で活動を続ける反体制武装集団とロシアの使節団が停戦に向けた交渉を行った。 交渉は、ダルアー県内での戦闘停止、武装集団による重火器・中火器の引き渡し、停戦後の軽火器の引き渡しなどを骨 ... → 記事

■ダルアー県イブタア町、ダーイル町にロシア軍憲兵隊が進駐、住民の歓迎を受ける(2018年6月30日)
ダルアー県では、SANA(6月30日付)によると、反体制派の支配下にあったタフス市、ムザイリーブ町がシリア政府との和解に応じ、シリア軍が同地に進駐し、住民の歓迎を受けた。 また、反体制系サイトのドゥラル・シャーミーヤ( ... → 記事

■アレッポ県、イドリブ県、ハマー県への国内避難民の帰宅続く(2018年6月30日)
アレッポ県、イドリブ県、ハマー県では、SANA(6月30日付)によると、アブー・ズフール町(イドリブ県)に設置された回廊を通じて、シリア政府の支配下に復帰した同地の町・村への住民の帰還が続いた。 → 記事

■ハサカ市で自爆テロ発生、シリア正教徒の民兵組織「ストロ」が狙われる(2018年6月30日)
ハサカ県では、SANA(6月30日付)によると、ハサカ市内にあるガッサーニーヤ学校前で「自爆テロ」が発生し、住民複数人が負傷した。 ANHA(6月30日付)によると、自爆テロは爆弾を積んだオートバイによるもので、シリア正 ... → 記事

■ヨルダン国境警備隊が越境を試みたシリア人避難民に発砲(2018年6月30日)
ドゥラル・シャーミーヤ(6月30日付)は、ダルアー県での戦闘激化を受けてナスィーブ国境通行所があるヨルダン国境地帯に逃れて来た避難民が、ヨルダン国境警備隊の発砲を受けたと伝え、ユーチューブに公開されているその画像を転載し ... → 記事

■シャーム解放委員会はイドリブ県でダーイシュの摘発を続ける(2018年6月30日)
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(6月30日付)によると、シャーム解放委員会がマアッルサーン村にあるダーイシュ(イスラーム国)の本部に突入、戦闘となった。 → 記事

■国連安保理はUNDOFの任期を延長、兵力引き離し地帯での戦闘停止を求める(2018年6月30日)
国連安保理は、UNDOF(国際連合兵力引き離し監視軍)の任期を6ヶ月延長することを定めた安保理決議第2426号を全回一致で承認するとともに、兵力引き離し地域で活動を続けるシリア国内の紛争当事者に軍事行動の停止を求めた。 ... → 記事

■トルコの実質占領下のアフリーン市、ジャンディールス村で反体制武装集団どうしが交戦(2018年6月30日)#シリア #トルコ
アレッポ県では、ANHA(6月30日付)によると、トルコの実質占領下にあるアフリーン市のマフムーディーヤ地区で、反体制武装集団どうしが交戦した。 また、市中心街に通じる街道(アフリーン中央バス発着場街道)で2度にわたり爆 ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44957)