シリア:サッカー代表チーム「カシオンの鷹」がオーストリアで強化合宿
2018年06月21日付 その他紙


■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を、トルコ側は0件の違反を確認(2018年6月20日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(6月20日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件(アレッポ県2件、ハマー県2件、ラタキア県4件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームは停戦違反を確認しなかっ ... → 記事

■ダマスカス郊外県ハッラーン・アワーミード村に住民約500世帯が帰還(2018年6月20日)
ダマスカス郊外県では、SANA(6月20日付)によると、「タクフィール主義テロ組織」の攻撃によって避難を余儀なくされてきたハッラーン・アワーミード村の住民約500世帯が、シリア軍によって治安と安定を回復した同地に帰還した ... → 記事

■シリア南部でシリア軍の攻勢が強まるなか、アル=カーイダと自由シリア軍は「南部統合作戦司令室」の名で糾合(2018年6月20日)
ダルアー県では、『ハヤート』(6月21日付)が「死の三角地帯」作戦司令室の情報として伝えたところによると、シリア軍精鋭部隊が、イランの支援を受ける地元の戦闘員の支援を受けて、県北部で反体制武装集団と激しく交戦した。 ** ... → 記事

■シリア軍はダマスカス郊外県南東部、ヒムス県南東部、ダイル・ザウル県南部の砂漠地帯4,500平方キロメートルをダーイシュの支配から解放したと発表(2018年6月20日)
シリア軍消息筋は、ダーイシュ(イスラーム国)が活動を続けてきたダマスカス郊外県南東部、ヒムス県南東部、ダイル・ザウル県南部でのシリア軍部隊の大規模掃討作戦により、3県にまたがる砂漠地帯4,500平方キロメートルを解放した ... → 記事

■米主導の有志連合が駐留するロジャヴァ支配下のマンビジュ郡でトルコ軍が二度目の巡回任務を実施(2018年6月20日)
アレッポ県では、米主導の有志連合が進駐する西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)支配下のマンビジュ郡で、トルコ軍部隊が2度目となる巡回活動を行った。 アナトリア通信(6月20日付)が伝えた。 巡回は、マンビジュ市一帯 ... → 記事

■ロシアのザハロワ外務省報道官「違法な外国軍の駐留が危機の政治的解決を妨げ、反体制派に希望を与えている」(2018年6月20日)
ロシアのマリア・ザハロワ外務省報道官は、記者会見でシリア情勢について触れ、そのなかで、「シリア国内に外国が違法に駐留を続けることで、シリア政府の敵は、自分達が喫した敗北への復讐ができると信用してしまっている…。また、外国 ... → 記事

■シリアでの人権侵害を調査するため国連人権理事会調査委員会は東グータ地方でのシリア軍の「人道に対する罪」と反体制派の「戦争犯罪」を指摘(2018年6月20日)
シリアでの人権侵害を調査するため国連人権理事会調査委員会(IIIM、パウロ・セルジオ・ピネイロ委員長)は、4月にシリア政府の支配下に復帰したダマスカス郊外県東グータ地方の状況に関する最新の報告書を提出した。 ロイター(6 ... → 記事

■サッカーのシリア代表チーム「カシオンの鷹」がオーストリアでの強化合宿に(2018年6月20日)
SANA(6月20日付)などは、シリアのサッカー協会(連合)が、UAEで2019年1月に開催が予定されているAFCアジアカップ2019に向け、オーストリアでシリア代表チーム「カシオンの鷹」の強化合宿を行うことを決定したと ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:44959)