選挙の日、アルコールの販売は禁止、選挙報道解禁は21時
2018年06月24日付 Hurriyet紙


大統領選と、第27期国会議員選挙が行われ今日、皆が従わねばならない禁止条項がある。

(1)投票日にあたる6月24日の朝6時から24時の間、どのような形態でもアルコールの販売、アルコールサービスのある場所やその他の公共の場でのアルコール・サービスや、飲酒は禁止である。

(2)警察やその他の治安関係者を除き、5237号法の関係法により、村、町、都市部で武器の携帯は禁止。

(3)投票日の投票時間内には、コーヒーハウス、遊技場、インターネットカフェのような娯楽施設は閉鎖される。

(4)娯楽施設的なレストランでは、食事の提供だけとなる。

(5)選挙に関する禁止条項と上記の規則に従う場合は、投票日の18時以後は、結婚式をしてもよい。

(6)投票日の18時まで、ラジオやその他の報道機関による、選挙や選挙結果に関する報道、予測、分析は禁止。

(7)ラジオとその他の報道機関は、18時~21時の間は、高等選挙委員会による選挙発表のみを、報道できる。

(8)全報道機関は、21時以後、自由になる。しかし、高等選挙委員会が必要とした場合には、21時以前でも、報道規制の解除は決定されうる。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:トルコ語メディア翻訳班)
(記事ID:44974)