CHPで亀裂、クルチダルオール党首に辞任要求で座りこみ?
2018年06月27日付 Hurriyet紙


CHP(共和人民党)エラズー県から選出されたギュルセル・エルオール国会議員は、「臨時大会が行われる」ため、党本部の前で行われた座り込みを諦めたことが発表した。

CHPエラズー県から選出されたギュルセル・エルオール国会議員は、「臨時大会が行われる」ため、党本部の前で行われた座り込みを諦めたことが発表した。

エルオール氏が、ツイッターアカウントを通じてシェアしたものによると、祖父の代より、今までCHP支持者であったこと、このように生きてきたこと、またこのように死ぬであろうことを述べた。
6月24日の選挙の結果が自身にとっても、またCHPを支持する有権者にとっても絶望と失望の結果であったことを述べるエルオール氏は、以下のように述べた:「責任者への辞任要求に向けた民主的な私の要求は、CHPのリベラルで思想に対して敬意を表す伝統に沿った要求として評価されるべきである。我々の情報と関心の他に、同じ目的を持ち肩を並べて歩く我々の党員が対立しないように、世論調査で我々の政党が議論される事態にならないためにこの座り込みを諦める。この我々の呼びかけに敏感に対応し、そして我々の座り込みの決定を支持しようとしていた党員のみなさんには共に座り込みをできないことについてお詫びを申し上げます、この先、より良い日々にまた共にいることができることを述べたい。」

エルオール氏は、CHPが今日必要とする判断力は、ただ椅子に座るだけの政治ではなく、政権獲得を目指す熱意を持って行動する政治をすることであることを述べながら、政治活動とエラズーの選挙結果に対し感謝のツアーを続けることを述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:内山千尋)
(記事ID:44985)