シリア:政府とロジャヴァがハサカ県内の合同検問所、シリア軍徴兵事務所の設置で合意、政府は国境通行所の管理を、ロジャヴァは石油鉱物資源大臣のポストを要求
2018年07月04日付 その他紙


■英軍はシリア国内での極秘特殊作戦で5,800米ドル相当の航空機を失う(2018年7月1日)
英紙『サンデー・タイムズ』(7月1日付)は、英空軍の航空機C130Jハージュリーズがシリア国内での特殊任務中に強制着陸を余儀なくされ、甚大な被害を被ったと伝えた。 同紙によると、今日着陸した航空機は、シリア領内での極秘特 … → 記事

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を、トルコ側は0件の違反を確認(2018年7月3日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(7月3日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件(ハマー県1県、ラタキア県7件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームは停戦違反を確認しなかった。 → 記事

■シリア軍がクハイル村を制圧するともに、ダルアー市などを砲撃(2018年7月3日)
ダルアー県では、SANA(7月3日付)によると、シリア軍が県東部でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団に対する掃討戦を続け、クハイル村を制圧、地雷・爆発物の撤去を完了し、同地の治安と安定を回復した。 シリア軍はま ... → 記事

■シリアの外務在外居住者省は国外の難民に帰国を呼びかける(2018年7月3日)
外務在外居住者省の公式筋は、シリア国内での戦闘やテロによって国外への避難を余儀なくされてきたシリア人に帰国を呼びかけた。 同公式筋はSANA(7月3日付)に宛てた声明のなかで、「軍武装部隊がシリアで連戦連勝を収め、軍事作 ... → 記事

■トルコの実質占領下にあるアフリーン市で武装集団どうしが略奪品の分配をめぐって交戦(2018年7月3日)
アレッポ県では、ANHA(7月3日付)によると、トルコの実質占領下にあるアフリーン市アシュラフィーヤ地区にあるサーリフ・アリー小学校で未明に、反体制武装集団どうしが略奪品の分配をめぐって交戦した。 → 記事

■シャーム解放委員会などからなる南部中央作戦司令室がロシア軍士官との停戦交渉を再開するなか、シャーム解放委員会は停戦を「ハラーム中のハラーム」と批判(2018年7月3日)
ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(7月3日付)によると、ロシア側代表団と県南部で活動を続けている反体制武装集団の停戦交渉が再開された。 交渉はロシア側の要請によるものだという。 これに関して、シャーム解放委員会など ... → 記事

■ダーイシュのバグダーディー最高指導者の長男フザイファ・バドリー氏がヒムス県で戦死(2018年7月3日)
ダーイシュ(イスラーム国)に近いナーシル・ニュース(7月3日付)は、最高指導者アブー・バクル・バグダーディー氏の長男のフザイファ・バドリー氏(15歳)が死亡したと報じた。 死亡報道によると、フザイファ・ハドリー氏は、ヒム ...  → 記事

■シリア政府との和解に応じ投降していたシャーム自由人イスラーム運動の幹部ら10人が逮捕され、テロ法廷に送検(2018年7月3日)
シリア軍およびその同盟勢力の軍事攻勢を分析するサイト「ノールス研究センター」(7月3日付)は、ダマスカス郊外県サルガーヤー山でシリア軍との停戦・和解に応じたシャーム自由人イスラーム運動(シリア解放戦線)のメンバー10人を ... → 記事

■シリア駐留ロシア軍司令部が設置されているラタキア県のフマイミーム航空基地が所属不明の無人航空機の攻撃を受ける(2018年7月3日)
ドゥラル・シャーミーヤ(7月3日付)は、親政権の複数のサイトの情報として、シリア駐留ロシア軍司令部が設置されているラタキア県のフマイミーム航空基地が、過去48時間に所属不明の無人航空機による攻撃を複数回受け、同基地のロシ ... → 記事

■イドリブ県でシャーム自由人イスラーム運動メンバーが爆弾の爆発に巻き込まれ、5人死亡(2018年7月3日)#シリア #アルカーイダ
イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(7月3日付)によると、シャーム自由人イスラーム運動(シリア解放戦線)の戦闘員が乗った車が、マストゥーマ村とアリーハー市を結ぶ街道を移動中に爆弾の爆発に巻き込まれ、5人が死亡、2人が ... → 記事

■ダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍は声明を出し、ダルアー県での反体制派に加勢する条件を提示(2018年7月3日)
ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓い、イスラエル占領下のゴラン高原に面するダルアー県南西部のヤルムーク川河畔地域を支配下に置くハーリド・ブン・ワリード軍は声明を出し、6月19日に激化したシリア軍とシャーム解放委員会など ... → 記事

■YPG主体のシリア民主軍の司令官がダイル・ザウル県で暗殺される(2018年7月3日)
ダイル・ザウル県では、ユーフラテス・ポスト(7月3日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の司令官の一人ハルフ・トゥルキー・ハビール氏がタキーヒー村近郊のアフマル地 ... → 記事

■ダルアー県マハッジャ村のシリア軍武器庫で大きな爆発、イスラエル軍の爆撃か?(2018年7月3日)#シリア #イスラエル
ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(7月3日付)によると、マハッジャ村近郊にあるシリア軍の武器庫で複数回にわたり大きな爆発が起きた。 爆発の原因は不明だが、複数の活動家はイスラエル軍の爆撃だとの見方を示している。 → 記事

■親政権日刊紙『ワタン』:シリア政府とロジャヴァがハサカ県内の合同検問所、シリア軍徴兵事務所の設置で合意、シリア政府は国境通行所の管理を、ロジャヴァは石油鉱物資源大臣のポストを要求(2018年7月3日)
親政権日刊紙『ワタン』(7月3日付)は、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)とシリア政府が交渉の末に、YPGとシリア軍の合同検問所とシリア軍の徴兵事務所を県内各地に設置することで合意に達したと伝 ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:45012)