イラク・シリア:イラク諜報機関「鷹諜報細胞」高官「ダーイシュ最高指導者の長男はロシア軍の爆撃で7月2日に殺害された」
2018年07月05日付 その他紙


■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは12件の停戦違反を、トルコ側は0件の違反を確認(2018年7月4日)
ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(7月4日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を12件(ハマー県2件、アレッポ県6件、ラタキア県4件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームは停戦違反を確認しなかっ ... → 記事

■シリア政府と国連地雷対策サービス部がMoUを交わす(2018年7月4日)
首都ダマスカスの外務在外居住者省で、シリア・アラブ共和国と国連地雷対策サービス部(UNMAS)との間で、地雷撤去にかかる了解覚書(MoU)の署名式が行われた。 シリア政府からはファイサル・ミクダード外務在外居住者副大臣が ... → 記事

■イドリブ県で活動するシリア救国内閣が武装集団の嫌がらせを受け、閣僚が辞任(2018年7月4日)
オリエント・ニュース(7月4日付)は、イドリブ県の自治を担っていると主張するシリア救国内閣(ムハンマド・シャイフ首班)のイブラーヒーム・シャーシュー法務大臣が辞任したと伝えたうえで、その背景に、同内閣と同地で活動する反体 ... → 記事

■シャーム解放委員会などからなる反体制武装集団はブスラー・シャーム市の処遇をめぐる停戦交渉が失敗に終わったと発表する一方、停戦に向けた17項目からなる工程表を準備(2018年7月4日)
シャーム解放委員会などダルアー県で活動を続ける反体制武装集団からなる南部中央作戦司令室は声明を出し、UNESCO世界文化遺産の円形劇場を擁するダルアー県ブスラーシャーム市の処遇をめぐるロシア側との停戦交渉が失敗に終わった ... → 記事

■ダルアー県でシリア軍とシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団の戦闘続く(2018年7月4日)
ダルアー県では、SANA(7月4日付)によると、シャーム解放委員会などからなる反体制武装集団(南部中央作戦司令室)が撃った迫撃砲弾数十発がダルアー市サハーリー地区、パノラマ地区、カーシフ地区、ダーヒヤ地区に着弾し、住民複 ... → 記事

■反体制武装集団がトルコ軍とともにアフリーン住民12人を拉致、民家を司令部として転用(2018年7月4日)
アレッポ県では、ANHA(7月4日付)によると、トルコの実質占領下にあるアフリーン郡のムーバター村近郊のミールカーン村で、シャーム戦線がトルコ軍第3師団とともに住民12人を拉致、連行した。 また、末裔軍大隊が同じくムバー ... → 記事

■YPG主体のシリア民主軍がハサカ県南東部の2カ村をダーイシュより解放(2018年7月4日)
ハサカ県では、ANHA(7月4日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が県南東部でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討戦を続け、カブル・ターハー村、マディーナ村を ... → 記事

■イラク諜報機関「鷹諜報細胞」:「ダーイシュ最高指導者の長男はロシア軍の爆撃で7月2日に殺害された」(2018年7月4日)
イラク諜報機関「鷹諜報部隊」の高官は、ダーイシュ(イスラーム国)に近いナーシル・ニュース(7月3日付)が、最高指導者アブー・バクル・バグダーディー氏の長男のフザイファ・バドリー氏(15歳)の死亡を報じたことに関して、AF ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:45017)