アルバイラク経済相、「米制裁の影響は限定的」
2018年08月02日付 Hurriyet紙


ベラト・アルバイラク国庫財務大臣はアメリカの制裁の決定が受け入れられえないことを述べながら、「プロセスが、強い歴史的過去と同盟関係を有する両国の関わりに適した形で外交と建設的な努力を用いて終わることが優先される」と述べた。

アルバイラク氏は「これが過ちであること知りながら行われる状況で生じる結果のトルコやトルコ経済への影響は限定的であろう」と話した。

ベラト・アルバイラク財務相は、メディアへの会見で以下のように述べた:「アメリカ財務省によって発表された制裁の決定は私たちにとって受け入れられるものではない。プロセスが、強い歴史的過去と同盟関係を有する両国の関わりに適した形で外交と建設的な努力を用いて終わることが優先される。これが過ちであること知りながら行われる状況で生じる結果のトルコやトルコ経済への影響は限定的であろう。この成り行きの後の経済に対しての攻撃は短期間だろう。この過程の中で投機的な動きによって、市場においてネガティヴな空気が生まれるために行われる試みは失敗するであろう。

一方で、現存のマクロ経済学のデータの観点において、予算原理、インフレ対策、健全で持続的な成長が維持される目的のために包括的な取り組みを始めた。こうした中で、ステークホルダーと行った諮問会議において取り上げたデータに注意しながら、中期財政計画のための最初の会議を週の始めに行った。

計画の準備を続けながら、経済のバランスのために必要だと思われる一連の試みや予算案原理の範囲内でのいくつかの緊縮財政政策を実現させようとしている。別の方面では、短期や中期の国外の資本からの資金調達のための交渉は積極的に進めている。

経済の安定化に続き、私達の経済が健全で持続的な成長を続け、そしてトルコが力強い方法で前進していくであろうことは疑う余地もない。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:村田七海)
(記事ID:45171)