格付け会社ムーディーズ、トルコの評価を下方修正
2018年08月18日付 Cumhuriyet紙

格付け機関ムーディーズは、トルコの信用格付けを「Ba2」から「Ba3」へ下方修正し、格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ変更した。

国際信用格付け機関のムーディーズは、トルコの信用格付けを下方修正したと発表した。

ムーディーズが行った発表では、トルコの長期発行体格付けを「Ba2」から「Ba3」へ下方修正し、見通しも「ネガティブ」へ変更されたことが明らかとなった。

この発表では、トルコ当局が近い将来に適切且つ効果的な経済計画を提示することで、信用格付けのバランスをとることができるだろうと述べられた。

さらに、インフレの低下や経常収支赤字の減少が信用格付けに前向きな影響を与えるだろうと述べられた一方、重要な外部資金調達の支援が信用格付けの支持要因となることも強調された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:指宿美穂)
(記事ID:45235)