冬時間に戻るのか?夏時間のままか?
2018年09月25日付 Milliyet紙

時間は戻されるのか?トルコで適用されている継続的な夏時間は、官報で公布された決定によって、10月28日に終了する。しかし、この日の前におこなわれる予定の他の調整によって、「継続的な夏時間の適用」が延長されることが期待されている。

2016年9月7日以降制定された決定によって、日光からより多くの利益を得るために継続的な夏時間が実施された。実施された夏時間の適用が、継続的に続けられることが計画されていることが述べられた。2017年10月23日に官報に掲載された決定では、夏時間の適応が2017年も継続されることと、冬時間の適応は2018年10月28日日曜日4時からとなることが述べられた。それにもかかわらず、問題となっている日にちの前に新しい決定によって継続的な夏時間が新しい調整によって、より以前にそうであったように1年間さらに延長されることが期待されている。
特に、EUの1年を通して夏時間を適用するという決定が、エネルギーの面で、夏時間を継続するということについて後押しになるということが主張されている。

■お金を節約する

国民から寄せられた苦情の中で、冬時間の適用において、日光を業務時間内に十分活用できないために観光と経済に悪影響となっており、冬時間の適用のマイナスの影響が特に東部の県で増しているという理由を考慮したTBMMの請願委員会は、問題を議題にした。これについて、イスタンブル工科大学によって準備された経済的、心理的、社会的な分析を含むレポートに従い、トルコでは2016年に固定時間の適用が施行された。

エネルギー天然資源省によると、適用はかなりの節約につながっているという。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:岩井美咲)
(記事ID:45429)