トルコ・イラク、国境警備で合意
2018年10月15日付 Hurriyet紙


イラクは、閣議においてトルコ・イラク国境の安全保障協力の議定書に批准した。
新政府の組閣まで任務を続行するハイダル・アバディ首相の名で発表された文章において、閣議でイラク・トルコ内務省間で安全保障協力の議定書が批准されたと発表があった。

発表では、当該の安全保障協力の議定書の詳細に関しては明かされなかった。

一方、内務省筋の情報によると、議定書は、国境警備に関する2国間の安全に関する調整が目的とされている。

■国境警備隊

関係筋によると、現時点の国境警備は、イラク内務省に属する国境警備隊によりすでに守られているとされた。

発表では、イラク領土からトルコ領土に対するいかなる攻撃も起こらないよう、高水準の調整へ努力し、二国間の主権を尊重すると述べられた。

アバーディ首相は、先月トルコとの国境近辺の安全保障のため、軍の配置を命じていた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:甲斐さゆみ)
(記事ID:45554)