映画「ミュスリュム」10月26日に公開
2018年10月10日付 Hurriyet紙


ティムチン・エセン氏が、2013年にその生涯を終えたアラベスクとトルコ民族音楽のアーティスト、ミュスリュム・ギュルセスを演じた映画「ミュスリュム」が10月26日に公開される。

二人ともが、異なる痛みを経験し、異なる幸福を生きて、キャリアのどん底も頂点も経験したが、お互いを見い出した後に全く別れる事無く、何年間にも渡って同じ枕で頭を休ませた二人のアーティスト、ミュスリュム・ギュルセスとムフテレム・ヌルの恋愛が、今回は銀幕で「ミュスリュム」という映画で観客に迎えられる。

何年間にも渡って多くのスクリーンで、新聞各紙においてベテラン・アーティスト、ミュスリュム・ギュルセスが「私のもう半分」と言ったムフテレム・ヌルへの尽きることなき愛を、私たちは目撃してきた。時折、一つの質問への答えとして、時には歌唱した歌を捧げながら彼は愛を語ってきた。この大きな愛の背景、知られざる側面はというとミュスリュム・ギュルセスの幼少期以来の人生を解き明かす「ミュスリュム」の映画において鑑賞できるまで、数え上げられる程の日を残すのみとなった。

マラティヤでの旅の間に出会った時以来、お互いから離れる事が出来ない、ギュルセスの人生の愛の変遷を、私たちの誰もが嫉妬した非常に特別な強固な愛の物語を、ハーカン・ギュンダイ氏とギュルハン・オズチフチ氏のシナリオで、時には微笑みながら、時には目を潤ませて私たちは鑑賞する事だろう。

ティムチン・エセン氏が長時間を要する特殊メイクとギュルセスの服のスタイルを反映したコスチュームによってアーティストに一対一に似せた映画において、ムフテレム・ヌルをベテラン女優ゼッリン・テキンドルが演じる。広告においてでさえ、お互いの波長が合っていた事が注目される女優、ジャン・ウルカイ氏とケッチェ氏が監督した、10月26日に公開される「ミュスリュム」の映画で、映画ファンに魅惑的な恋の物語を解き明かす準備がなされている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:45559)